1. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
  2. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
  3. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
ホーム » タグクラウド » メンバー

メンバー

無料体験・お問合わせなどはこちらから…

電話番号045-593-5659
(10:00~19:00 / 日祝休み)

無料体験お申込み

お問合わせ

1 - 6 / 7 次へ >

指導者プロフィール

タグ:

ピアノ  教室  リトミック  音符  ビッツ  音楽  ハープ  レッスン  幼児  アサフ  横浜  都筑区  音楽院  横浜市  クラス  音楽教室  講師  先生  マリンバ  神奈川  スズキメソード  演奏  川崎  参加  指導  東京  イスラエル  コンサート  メソード  都筑  川崎紫明  奏者  教育  クラリネット  コース  スズキ  オーケストラ  教材  川崎紫明音符  指導者  指導者養成講座  開催  世界  大阪  伴奏  指導法  視覚  フィル  目指  発達  asaph  神奈川県  横浜市都筑区  中山  研究  アノ  カワイ  音感  日本  出演  関西  紹介  リサイタル  音楽教育  ドーマン  講義  演奏家  活動  ベルリン  発達段階  鈴木  講座  ソロ  グループ  人間  バッハ  合唱団  聴覚  コンクール  入賞  フィルハーモニー  博士  千葉  留学  モーツァルト  FM  サロン  クラシック  楽器  非常勤講師  サロンコンサート  脳開発  非常  在学中  ルービン  成果  才能  神戸  エキストラ  開発  プロ  ホール  音楽指導  NHK  音楽教室講師  大脳生理学  優秀  グレン  環境  協奏曲  紫明  受賞  制作  松本  人材  合唱  ヴァリエーション  四宮香子  シンフォニー  香子  定評  全日本  演奏会  アンサンブル  モルナール  師事  統合  洗足  各地  松本市  現在  鈴木鎮一先生  ハープコンクール  山中恭子  会員  共演  合奏  四宮  管弦楽団  知能  シリーズ  評価  公開  1991  全国  交響楽団  都内  塩浜智子  学校  幼児教育  フェスタ  フランス  音楽教材  音楽大学  長年  ビッツシリーズ  段階  デンマーク  全人的教育  回日本  サイトウ  大学  キネン  全国各地  同大学大学院修士課程修了  数多  年度国際芸術連盟新人賞  女史  感銘  川崎良一  才能教育  国立  東京交響楽団  選出  脳開発音楽教材  インディアナ  東京芸術大学音楽学部卒業  非常勤  東京芸術大学  新人演奏会  ハープコングレス  渡米  ヨセフ  マスタークラス  篠崎史子  関東  パラディアム  帰国後  入学  協力  国立芸術大学  大阪音楽大学  洗足学園音楽大学  レクチャー  倍増  イタリア  芸術  打楽器  児童合唱団  メンバー  移転  神戸室内合奏団  研究所  マクドナル  オーケ  music  国際  奏団  各氏  史子  養成  ストラ  院長  大学教授  吉野篤子  ニシュリ  デビューリサイタル  輩出  多大  塩浜  レッ  協演  帰国  教育連盟  安田  安田正昭  室内楽  実証  スーザ  科卒業  鈴木鎮一  科研究  バルダ  パリ  マクドナルド  演奏活動  現代  合奏団  卒業  サイト  ジュニア  卒業後  取得  協会  コンチェルト  メソードピアノ  ラジオ  アカデミー  入団  パーカッションアンサンブル  ハーモニー  優勝  フェスティバル  科指導  現代音楽  正昭  研鑽  神奈川県横浜市  目覚  音楽院院長  高校  音楽院講師  音楽教育家  部門  www  年大阪  教授  姉妹  学園  実施  楽団  智子  村中和美  東京芸術大学音楽学部  桐朋学園大学  本部  マスター 

イスラエル・フィルと共に

イスラエル・フィルと共に(1983年)

ピアノ研究グループ講師 川崎紫明

幻のオーケストラと言われ、全国音楽ファンの待望の的であったイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団が、指揮者ズービン・メータと共に二十五年ぶりに来日、三月七日の東京公演を皮切りに九回のエネルギッシュな演奏日程の中、嵐のように大きな感動の渦を残して去ってゆかれました。

私は二度にわたる聖地巡礼を通し、魂のふるさとのようにも慕わしいイスラエルの方々との再会を待ちに待っていただけに、本当にうれしい十日間でした。主人のクラリネットの恩師ヤコブ・バルネア先生もメンバーに加わっていらっしゃり、涙の再開が持てたことも感動でした。

私は京都・東京・大阪二回、計四回のコンサートを聴くことが出来、夜もねむれないほどの興奮の日々でした。A・B・Cのプログラム全部を聴くことが出来ましたが、特に大阪フェスティバルホールでのストラビンスキーの「春の祭典」とザ・シンフォニーホールでのマーラーの交響曲第五番の演奏は非常な熱演で、オーケストラと聴衆の熱い魂の交流を覚え、民衆も宗教も全ての違いを超えた崇高な世界に吸いこまれるような一時でした。

大阪での最終公演では、アンコールの拍手が鳴りやまず、三回目のアンコールに答えてイスラエル国歌「ハティクバ」が演奏されました。私はとめどなく流れ出る涙をどうすることも出来ませんでした。イスラエルの迫害の歴史が、強い魂となって音楽にほとばしり出ているようでした。全聴衆が起立したまま、楽団員がステージから姿を消してゆかれる間中、熱烈な拍手がつづき、しばしの時を忘れました。

コンサートの合間をぬって三月十四日夜、イスラエル・フィルに同行された映画班のロケ隊が私宅を訪ねてこられました。娘の香子がエルサレム・ルービン音楽アカデミアに留学中ですが、プロデューサーであるアミーナ女史が、イスラエル・フィル日本公演の映画製作にあたり、香子の両親を訪ねて日イ親善のかけ橋として友愛関係をぜひフィルムに綴りたい、との意向でした。スタッフ七名の方々と通訳の阿部さんをおむかえし、世界を一つに結ぶ音楽の役割・使命を強く覚えたことでした。

翌十五日、十二時半から四時半まで、イスラエル・フィルのピアニスト、ルート・メンゼ・コーヘンさんをむかえ、ロケーションが行われました。昨年イスラエルの現代作曲家の作品を集めて、主人がクラリネット・リサイタルを催しましたが、そのプログラムを見てルートさんはとてもよろこんで下さいました。数多くの作品を持っているから、ぜひ日本に紹介してほしい、と熱い心を語れました。

ウェーバーの「クラリネットとピアノのための協奏二重奏曲」を三人で演奏いたしました。二台のピアノでブッツケ本番でしたので最初はどうなることかと案じましたが、初めての出合いとは思えないほど息の合った演奏が出来たことは、本当に不思議でした。ルートさんも「ブラボー、ブラボー」と言って、とても満足して下さり、よろこびをかくしきれないご様子でした。音楽には国境がない、としみじみ思いました。折しもやわらかい西日差す窓辺で、天国の絵巻物を見るような、夢見る一時でありました。

二年前、私がルービン音楽アカデミアでスズキ・メソードの講演とピアノの公開レッスンをさせていただいたことがございましたが、その後の反響も大きく、昨夏コーヘン学長が来日され、才能教育の本部を訪問されました。鈴木先生ご夫婦と親しくお話しの時がもたれ、生徒さんたちのウェルカム・コンサートには驚き、感激され、「これはぜひ全イスラエルにひろめたい。小さな子どもたちが今のように手ばなしの状態ではもったいない」と、非常な熱意と希望をもって帰国されたことでした。

アミーナ女史もスズキ・メソードに関心をよせられ、今回ロケーションの一部に生徒たちの公開レッスンの模様をくりこまれました。三歳児のモミジのような手で弾く「キラキラ星変奏曲」には、びっくりされました。思わぬハプニングに大よろこびされました。最後に床の間・琴・日本人形などと、イスラエルのメノラー・壁かけ・人形などとを組み合わせ撮影されるカメラマンの方々の心に、深い愛と平和への祈りを感じ、目に見えない所で黙々と働いておられる偉大な人間像をきざみ込まれた思いがいたしました。私たちの人生の恩師、手島郁郎先生の写真を大きくクローズアップして最後を結ばれましたが、私たち一人一人の存在が、やがて世界の救いにつながるのではないか、と平和を祈らずにおれません。

スズキメソード ~才能教育季刊誌より~

タグ:

ピアノ  音楽  レッスン  講師  先生  生徒  演奏  川崎  出来  東京  イスラエル  コンサート  メソード  川崎紫明  教育  クラリネット  スズキ  オーケストラ  希望  世界  大阪  両親  フィル  研究  アノ  鈴木先生  日本  プログラム  紹介  リサイタル  本当  講演  鈴木  歳児  グループ  人間  フィルハーモニー  留学  回目  キラキラ  感動  非常  ピアニスト  様子  ルービン  才能  プロ  ホール  今回  紫明  シンフォニー  三歳  香子  拍手  星変奏曲  京都  人生  アップ  管弦楽団  聴衆  公開  全国  役割  主人  関心  状態  一部  作品  歴史  指揮者  作曲  昨年  最初  最後  作曲家  数多  女史  感激  才能教育  不思議  コーヘン  スタッフ  一時  アカデミア  興奮  指揮  偉大  写真  再開  来日  メンバー  マーラー  オーケ  存在  ストラ  宗教  夢見  交流  団員  合間  レッ  帰国  全部  崇高  使命  ウェーバー  製作  通訳  アンコール  ヤコブ  現代  ルート  留学中  エネルギッシュ  エルサレム  ステージ  二度  ロケーション  三人  アミーナ  ハーモニー  全聴衆  バルネア  ブラボー  フェスティバル  フェスティバルホール  絵巻物  満足  関係  恩師  待望  平和  変奏曲  国境  夫婦  模様  楽団員  楽団  本人  本部  日間 

愛のシンフォニー

永遠にひびく愛のシンフォニー ―故バーンスタインを讃えて―(1990年)

ピアノ研究グループ講師 川崎紫明

巨匠バーンスタインの突然の訃報に接し、悲しみの涙があふれてなりません。指揮者として、作曲家として無限の可能性を秘め、天体の音楽をもたらして下さった偉大なる芸術家バーンスタインの死を悼み、心から御冥福をお祈り申し上げます。

今夏札幌で開かれたパシフィック・ミュージック・フェスティバルのオープニングで、バーンスタインは「私は残りの人生を何処に音楽と人々に尽くすことが出来るか選択を迫られています。神はベートーベンのピアノ・ソナタ全部を弾き返すことをお与えになるでしょうか。それとも作曲家である事のみに専念すべきなのでしょうか。いつもこの問題について考えています。結論は残されたエネルギーと時間を『教育』に捧げ、とりわけ若い人たちと出来るだけそれを分かちあうことでした。分かち合うことが出来るものは何でも、私の知る限りの音楽や芸術一般について、さらに芸術だけでなく芸術と人生の関係について、そして一人の人間であることを自覚し、自分を見つめて己を知り、自分に最もふさわしい仕事につくこと…」と語っておられますが、こんなに急に他界されるとは、本当に惜しまれてなりません。熱心なユダヤ教信者の家庭に生まれ、アメリカで育ったバーンスタインは、その豊かな人間性をもって音楽の中に生き、人々に貢献されました。

私が初めてバーンスタインに接しましたのは一九八五年、イスラエル・フィルハーモニーと共に来日、大阪フェスティバルホールでマーラーの交響曲第九番を指揮されたコンサートでした。そのときの感激と興奮は言葉に表わしようがない程でした。二千数百名の魂をゆるがし、魅了しつくしました。弦の重厚な響き、包まれるようなやわらかな音は、身体中にしみ入るようでした。曲が終わった後も皆感動の余り拍手することも忘れ、我に返った時は、誰彼となく舞台の方ににじり寄っていました。われるような拍手に答えられたバーンスタインの姿は神々しく輝いていました。その日の演奏はオーケストラと指揮者が渾然一体となっていました。イスラエル・フィルにとっては、バーンスタインは「父」のような存在であったと聞きますが、基礎固めの苦難の時期、イスラエル・フィルに献身的な情熱をそそがれたそうです。そのような人間性が生み出す音楽のすばらしさに触れることが出来ました。

しなやかな身体からほとばしる生命の力。フォルティッシモの所では指揮台の上で高くとび上がったり、足をふみならしたり、右に左にそのダイナミックな動きの中から「ここはこのように―。もっと大胆に―」という言葉が、叫びが聞こえてくるように感じました。それらは綿密な譜読みによる自信によって、あのような情感を表現できるのだと伺いました。演奏が終わった時、楽員たちの中に入って行かれ抱擁し、共に成し遂げたよろこびを分かちあっておられる姿はとても印象的でした。バーンスタインは、オーケストラのメンバーに対して、「私が知っている事はすべて、私が音楽に対して感じることはすべて、団員たちと共有しています。私は団員たちが私と一緒に感じ理解し、それを共に具体化していけるように導こうと試みています。これは皆で音楽を作り出す室内楽のようなものです。向こうは向こう、私は私と絶対に考えません。指揮者にとっての喜びとは、私にとっては彼らと共に呼吸することです。愛の体験と同じようなものです」と語っておられます。(ペーター・グラデンヴィッツ著『レナード・バーンスタイン』より)

これはオーケストラの世界だけでなく、今の時代にあって、私たち教育の場にあっても家庭にあっても、人間として理想の姿ではないでしょうか。私の次女は現在東京芸大ハープ科に在学中ですが、このコンサートの日に帰阪し花束を差し上げ、生涯に残る感激となりました。若きアーティストたちに残された数々のメッセージ、また火花を散らし、崇高な魂を燃焼し尽くして生きられた偉大な足跡に心から感謝を捧げ、天上での御冥福をお祈りいたします。

スズキメソード ~才能教育季刊誌より~

音符ビッツセミナー*脳科学レッスン革命* in船橋 2015/2/23

川崎紫明音符ビッツセミナーin伊藤楽器(船橋)のお知らせ

世界46ヶ国に及ぶスズキメソード、ピアノ科指導歴45年、功労賞を受賞され、優秀な人材を多数輩出。右脳開発第一人者グレン・ドーマン博士の「赤ちゃんからの知能を どう倍増させるか」のレクチャーに参加後、オリジナル教材読譜の為の「音符ビッツ」を 開発された川崎紫明先生による、その天才教育の秘密を学んでみませんか?

 

日 時 : 2015年2月23日(月) 10:30~12:30

会 場 : 伊藤楽器イトウミュージックサロン船橋内メンバーズルーム

受講料【前売】一般:3,500円 / PTNA会員:3,000円                      PTNA船橋支部&伊藤楽器PTC会員:2,500円             

     【当日】上記金額の各々500円増し

後   援 一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(PTNA)

 

■お問合せ・・・伊藤楽器イトウミュージックサロン船橋 

             Tel. 047-431-0111/Fax. 047-432-7818

詳細、お申込みは こちらから

音符ビッツ指導者養成講座in船橋 2015/3/23(月)より

音符ビッツ指導指導養成講座<全11回>in船橋のお知らせ

「指導者養成講座」は子どもの発達段階に応じたきめ細やかな指導法の講義、楽しく、ヴァリエーションに富む指導法には定評があります。音符ビッツを使っての楽しい指導方法を、講義と実践を交えて詳しく指導します。音楽教室講師、幼稚園教諭、保育士の方など、ふるってご参加下さい!

 指 導:川崎紫明 四宮香子

 日 程:<基礎5回>

      第1回 3月23日(月) [脳のネットワークづくり]
      第2回 4月20日(月) [胎児よりの視覚と聴覚の発達について]
      第3回 5月25日(月) [リズム感はどこから生まれる?]
      第4回 6月15日(月) [視聴覚統合教育と音符ビッツ]
      第5回 7月  6日(月) [脳の発達段階と音符ビッツ]

      <応用6回>

      第1回 10月19日(月) [音符ビッツと脳の発達について]
      第2回 11月16日(月) [感性を磨くとは]
      第3回 12月  7日(月) [脳科学に基づいた新しい感性教育①]
      第4回 2016年01月25日(月) [脳科学に基づいた新しい感性教育②]
      第5回   2月15日(月) [赤ちゃんからの創造力を開花させる脳発達プログラム解説]
      第6回   3月  7日(月) [成長段階に応じた音符ビッツの効果的な指導プログラム解説]


 ●時 間 10:30~12:30

 ●会 場:伊藤楽器イトウミュージックサロン船橋内メンバーズルーム(本店2F)

 ●講座料:全国に先がけて伊藤楽器初開催の為通常よりも安い特別料金とさせて

      頂きました。詳細は、下記をクリック

  詳細、お申込みは こちらから

ハープ奏者を東京の地域で出演依頼

ハープ奏者を東京や関東地域の出演者依頼に関するお調べに、このホームページがお役に立てれば光栄です。
ハープ奏者中心の活動をしながらピアノ演奏もこなす(音楽院の指導者)、小さい時からこよなく音楽を愛する者として、このご縁を大切にしたいと存じます。

ハーピスト(ハープ演奏者、ハープ演奏家)としての信条と思考!
ハープは敷居が高いと思われそうな楽器演奏ですが、演奏会では気楽なトークとクラシックやポップスを織り交ぜながら、初心者から上級者まで、誰でも聴きやすいものになるように心がけています。

東京芸術大学音楽学部卒業、同大学大学院修士課程修了。
在学中より度々渡米し、インディアナ大学教授S・マクドナル ド女史のマスタークラスに参加。
在学中の1991年に、東京、大阪、千葉でデビューリサイタルを 開催、1991年度国際芸術連盟新人賞を受賞。
第4回日本ハープコンクール入賞。全日本フランス音楽コンクール入賞。
デンマークで催された世界ハープコングレスの新人演奏会に選出され演奏。
NHK-FM 「FMリサイタル」に出演。その他、東京の某交響楽団、関西地域の某フィル、某室内合奏団、某室内合 奏団などとの協奏曲の共演の経験もございます。

各地でリサイタル、サロンコンサートなどのソロ活動の他、オーケストラ奏者として
も、都内、全国各地の オーケストラや、サイトウ・キネン・オーケストラにエキストラとして出演している。

最近では大型式典や民間の大規模イベントに出演して多くの方々から賛美いただき、演奏活動と合わせ広範囲なシチュエーションで音楽活動をしております。

現役の演奏家、演奏者、ハーピストのライフワークとして、コンサート、演奏会のご縁を活かしつつハープ愛好家の育成と音楽活動に励む現役の川崎かぐやでございます。

コンタクト方法について、例えば演奏中やレッスン指導中、私自身の集中トレーニング中は、お電話にて対応する事不能でございます。
初回コンタクト(アクション)に関しては、このホームページに設置してあります、メール【問い合わせ】フォームからお願い致します。
必ずご返信致します、その上で【TPOに応じ】お電話、skype、面談等にてお話させていただけると大変助かります。
こちらのお願いで恐縮です、ご理解とご協力お願い致します。ごめんなさい!

 ♪お気軽にコンタクトお待ちしております、by kaguya kawasaki♪♪

 

 ★★ハープ奏者の川崎かぐやが、
        多大なる影響を受けた、尊敬する主な師事のご紹介コメント♪♪♪
 
■ヨセフ モルナール師事(日本ハープ協会 会長)
♪ヨセフ モルナール先生の日本に於ける輝く美しい努力♪
ウィーン少年合唱団、ウィーン国立音楽大学、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を経て、1952年、NHK交響楽団の招聘により来日以後、日本ハープ音楽界の発展に様々寄与してきた。故郷のオーストリア/ザルツブルグで開催されていた音楽祭を日本でも開催したいと熱望し、昭和37年その場所を信州軽井沢とした。
軽井沢の自然環境がザルツブルグとたいへん似ていたことが決め手となり、日本で初めての夏の音楽祭「軽井沢ミュージック サマースクール」がスタートした。
「音楽を通じての教育」をモットーとして、初心者からプロフェッショナル迄、音楽に興味を持つ誰もが参加できるセミナーと講師達による演奏会を開催し、本年48年目を迎えた。
数多くの著名な音楽家を送り出した実績は、ヨセフ モルナール先生の音楽教育に対する情熱と賛同した多くの先生方、又それを育んだ軽井沢そのものであります。
 
日本におけるハープ音楽の普及、教育に貢献。 数多くの優秀なハーピストを育て、日本のみならず、海外の音楽界でも確固たる地位を築き上げている。
オーストリア政府より文化芸術名誉十字勲章、及び「プロフェッサー」の称号を受章。
 
■篠﨑 史子師事(日本ハープ協会 副会長)1970年イスライル国際ハープ・コンクール第3位入賞 桐朋学園大学を首席で卒業。J.モルナール氏に師事。後、アメリカに留学し、M.グランジャニー、M.ディリングの各氏に師事。
1972年「篠﨑史子ハ-プの個展Ⅰ」を開催。(同シリーズは、2015年4月までに13回開催)
1973年小澤征爾指揮のベルリン・フィル定期演奏会に出演の他、ヨーロッパの各フェスティヴァルに出演。
1974年文化庁在外研修員として西ベルリン、パリに留学。L.ラスキーヌ氏に師事。また、サウンド・スペース・アークのメンバーとして
1978年以降国内のみならずアメリカ、ヨーロッパ等の主要音楽祭にも参加し、1983年メンバーとして中島健蔵音楽賞を受賞。
また、ソリストとしてニューヨーク、アスペン等で演奏するほか、イスラエル国際ハープ・コンクール、ジュネーヴ国際コンクールなどの審査委員を務める。
2001年「篠﨑史子ハープの個展Ⅷ」を開催し、平成13年度芸術祭優秀賞、第20回中島健蔵音楽賞、サントリー芸術財団第1回佐治敬三賞を受賞。
2005年日本現代芸術振興賞受賞。2007年には計3夜にわたる「篠﨑史子ハープの個展Ⅹ」を開催し、第17回朝日現代音楽賞を受賞した。
2012年10月に開催した「篠﨑史子ハープの個展40周年記念演奏会(ⅩⅡ)」で、平成24年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。平成25年秋紫綬褒章を受章。
1972年から邦人作曲家に対しハープのための新作委嘱を続けており、その数は37曲を数える。
これまでに国内外の主要オーケストラと共演する他、ランパル、ニコレ、ゴールウェイ、ガロワらとも共演。十数枚のCDが主要レーベルより発売されている。
現在、東京音楽大学、日本大学芸術学部、桐朋学園大学音楽学部において、後進の指導にも当たっている。
 
ハープ奏者川崎かぐやは、東京を中心にハープ奏者、ハーピスト、ハープ演奏家として、東京地域での活動をしながら、子供から大人のハープ奏者の育成に努力をしております。

 

電車でお越しの場合

横浜市営団地下鉄ブルーライン グリーンライン センター北駅から徒歩4分 センター南駅から徒歩12分

センター北駅改札を出て直進すると左手に、モザイクモール港北(都筑阪急)観える、センター北駅に隣接してショッピングセンター「あいたい」ピアノ教室等のカルチャースクール等が入居している。センター北のノースポートモールも近く便利で有る。

 

センター北駅改札から直進50メートル先の歩道橋を渡り、右側に直進100メートル進むと、左に、幼児から子供向け中心にしたピアノ音楽教室の看板が観える、その名称は、アサフ音楽院「音符ビッツ」である。

 幼児から子供(小学生、小学低学年、小学高学年)が安心して車や自転車、各種電車(田園都市線、ブルーライン、グリーンライン、東急東横線、横浜線、南武線、東急田園都市線、東急東横線等を利用して安心且つ便利で有る

 特に横浜市エリ アと川崎市エリアの都筑区や中原区と高津区と宮前区と幸区と青葉区と瀬谷区と緑区や町田市町田、町田駅周辺や港北ニュータンにお住まいの方を中心に通いピ アノ教育に熱心な方、一流の上達にこだわる方は少し離れたエリアからも、車や電車、バスを乗り換えてピアノ教室に通っている、

 例えば

用賀や二子玉川, 高津,武蔵溝ノ口,溝の口や梶ヶ谷,宮崎台,宮前平や鷺沼,たまプラーザ,あざみ野や江田,市が尾,藤が丘,青葉台や田奈や長津田,つくし野,すずかけ 台,南町田,十日市場や中山,鴨居や小机,新横浜,菊名,大倉山,綱島や日吉,元住吉や武蔵小杉,武蔵中原や武蔵新城,溝の口,梶ヶ谷や梶が谷,日吉本町 や高田,東山田や北山田やセンター北,センター南の地域とから通学可能となり便利で有る。

 付き添いの母親、父親、両親、祖父、祖母の方にも便利な時間の使い方が出来て評判が良い、ピアノ学習者が教室で優秀講師よりレッスンを受けてる間にちょっとした買い物や食事をすることが可能で、駐車場も効果的に運用できる。

 

ピアノ教室やハープ教室、リトミック教室の近くに有る各店が利用できる。

具体的には、都筑 ふれあいの丘や川和町や仲町台や新羽や北新横浜や荏田や都筑区役所やモザイクモール港北やモザイクモールやセンター北駅西側や港北みなもとルララこうほ く、コーナン、マインマート都筑中央、センター南の東急港北店、トイザラス、オリンピック、昭和大学、すぎの森幼稚園、都筑医療センター、アットホーム、 都筑中川農協(JA)、中川保育園、北山田公民館、北山田駅、ヨークマート、コーナン、すみれが丘、あざみ野ルームズ大正堂、たまプラーザ、国学院大学、 荏田、江田、江田東急ストア、カリタス短大、有馬や北山田からはバスが便利です

   

車でお越しの場合、

センター北やセンター南に近い

第三京浜道路都筑インターを使い、東名高速道路の横浜青葉インターを使うと便利です。

 

By、横浜市の子供向け、リトミック教室 横浜市の都筑区,青葉区,宮前区の幼児から小学生を中心に遊びつつ学べるピアノ教室だより。


タグ:

ピアノ  教室  リトミック  音符  ビッツ  センター  音楽  ハープ  レッスン  幼児  アサフ  横浜  都筑区  音楽院  横浜市  便利  子供  クラス  小学生  港北  音楽教室  講師  青葉区  先生  中心  大人  モザイクモール  プラーザ  直進  徒歩  北駅  幼稚園  演奏  北山田  大切  川崎  参加  グリーンライン  エリア  出来  指導  宮前区  電車  ブルーライン  時間  メートル  荏田  北駅改札  東京  イスラエル  利用  バス  子供向  青葉台  コンサート  コーナン  インター  江田  平成  都筑  奏者  教育  日吉  効果的  オーケストラ  母親  新横浜  指導者  開催  田園都市線  世界  メール  川崎市  上達  自然  大阪  ノースポートモール  両親  熱心  地域  東急田園都市線  カルチャースクール  武蔵小杉  フィル  都筑阪急  評判  ルララ  高田  ショッピングセンター  大倉山  鷺沼  東山田  南駅  学習  セミナー  緑区  左手  南町田  名称  看板  ストア  二子玉川  新羽  北山田公民館  小机  武蔵新城  綱島  菊名  歩道橋  右側  幸区  長津田  瀬谷区  具体的  日吉本町  可能  JA  アットホーム  川和町  一流  安心  横浜線  中原区  元住吉  入居  教室等  安心且  小学高学年  東急東横線  東急東横線等  各種電車  南武線  中山  北山田駅  小学低学年  仲町台  町田駅周辺  ニュータン  隣接  駐車場  自転車  カリタス  祖父  祖母  町田市町田  高津区  鴨居  各店  東急港北店  ルームズ  東名高速道路  オリンピック  宮崎台  横浜青葉  宮前平  ヨークマート  有馬  食事  高津  森幼稚園  優秀講師  都筑医療  都筑区役所  十日市場  北駅西側  都筑中川農協  都筑中央  中川保育園  昭和大学  通学可能  武蔵中原  運用  国学院大学  北新横浜  トイザラス  短大  父親  マインマート  大正堂  江田東急  用賀  第三京浜道路都筑  学習者  武蔵溝  田奈  アノ  エリ  横浜市営団地下鉄  イベント  日本  出演  関西  紹介  リサイタル  音楽教育  ハーピスト  ノースポート  演奏家  活動  保育園  ベルリン  集中  理解  ソロ  合唱団  コンクール  ワーク  入賞  方法  周辺  フィルハーモニー  千葉  効果  電話  経験  留学  演奏者  FM  サロン  クラシック  楽器  サロンコンサート  在学中  気軽  エキストラ  ホームページ  プロ  NHK  優秀  トレーニング  環境  協奏曲  受賞  合唱  最近  小学  全日本  演奏会  モルナール  師事  サマースクール  各地  町田  場所  現在  ハープコンクール  フォーム  共演  コメント  合奏  コンタクト  モール  管弦楽団  貢献  シリーズ  興味  スクール  初心者  1991  全国  交響楽団  都内  実績  フランス  音楽大学  阪急  努力  デンマーク  トレ  作曲  カルチャー  回日本  サイトウ  育成  大学  キネン  私自身  先生方  全国各地  大変  作曲家  同大学大学院修士課程修了  数多  年度国際芸術連盟新人賞  女史  学生  国立  思考  スタート  選出  トーク  インディアナ  通学  東京芸術大学音楽学部卒業  東京芸術大学  音楽活動  新人演奏会  東急  現役  ハープコングレス  渡米  ヨセフ  マスタークラス  ミュージック  関東  自身  対応  協力  国立音楽大学  ウィーン  アメリカ  芸術  個展  依頼  指揮  情熱  敷居  来日  メンバー  マクドナル  オーケ  国際  奏団  各氏  史子  ストラ  大学教授  周年記念  音楽家  デビューリサイタル  軽井沢  事不能  多大  各種  周年  レッ  気楽  アクション  上級者  上級  大変助  某交響楽団  楽器演奏  某室内合  某室内合奏団  恐縮  広範囲  年目  役所  初回  指導中  信条  プラ  ポップス  ページ  確固  賛美  設置  返信致  パリ  skype  青葉  モザイク  音楽界  演奏活動  町田市  kawasaki  現代  モットー  面談等  kaguya  シチュエーション  演奏中  関西地域  音楽祭  出演者  合奏団  卒業  サイト  オーストリア  受章  ゴールウェイ  ザルツブルグ  協会  スペース  区役所  主要  ヨーロッパ  光栄  ハーモニー  以降  信州  紫綬褒章  科学  範囲  著名  現代音楽  民間  発展  TPO  CD  愛好家  教授  大型式典  大規模  国内外  奏者川崎  学園  楽団  東京芸術大学音楽学部  東京音楽大学  東横線  桐朋学園大学  数枚  マスター 

1 - 6 / 7 次へ >
サブメニュー

無料体験・お問合わせなどはこちらから…

電話番号045-593-5659
(10:00~19:00 / 日祝休み)

無料体験お申込み

お問合わせ

  • 紫明のひとりごと
  • 無料体験
  • お問い合わせ
  • 音符ビッツとは
  • 指導者養成講座
rss