1. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
  2. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
  3. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院

一緒

無料体験・お問合わせなどはこちらから…

電話番号045-593-5659
(10:00~19:00 / 日祝休み)

無料体験お申込み

お問合わせ

1 - 6 / 24 次へ >

イベント:12月23日(月・祝)「アサフ音楽院クリスマスコンサート」

2013年アサフ音楽院クリスマスコンサート

12月23日(月・祝) 「アサフ音楽院クリスマスコンサート」
日時 2013年12月23日(月・祝日)開場 11:50 開演 12:20
会場 フィリアホール(青葉台東急スクエアSouth1本館5F 東急田園都市線青葉台駅すぐ)

プログラム

時間 内容
12:20 第1部 ピアノ演奏(幼児科)3才~6才  キラキラ星変奏曲 メリーさんの羊 メヌエット ソナチネ 他
12:50 第2部 川崎紫明音符ビッツ教室生徒による音符ビッツで楽しく(一般参加)
~音とリズムと絵によるコラボレーション

音符ビッツパレード/ファンタジー/どうぶつリズムビッツのうた/和音をつくろう/ポンポンビッツ・連続1分間チャレンジ/サンタさん登場/

13:30 第3部 生徒によるピアノ演奏 ハープ演奏 キャンドルサービス

アサフ音楽院では下記の通り慣例のクリスマスコンサートを催します。

生徒によるピアノ、ハープの独奏の他にオリジナル教材0才から始められるソルフェージュメソッド 音符ビッツによる「音符ビッツで楽しく」のコーナーがあります。ぜひご家族おそろいでお友達ともご一緒にご参加ください。

500円程度の交換プレゼントをご持参ください。

2013年クリスマスコンサート風景

2013年クリスマスコンサート風景

子育て情報サイト「リトルママ」で音符ビッツ教室が紹介されました!

子育てママの育児ライフを応援する情報サイト「リトルママ」で、アサフ音楽院の音符ビッツ教室が紹介されました。

『楽しみながら、豊かな能力を花開かせよう♪』

リトルママ:http://tokyo.l-ma.jp/tokyo/

リトルママ

"音符ビッツとは、脳科学理論に基づいて考案された音楽による脳開発カード教材。といっても難しい訓練ではなく、楽しく遊びながら生活の中に音楽を取り入れ、絶対音感、譜読み力、集中力を養っていく「0才から始められるソルフェージュメソッド」です。

この日はベビークラスにおじゃましました。リズム遊び、手遊び歌、フラッシュカード。大きな五線譜に大きな音符の玉をペタリ。音、リズム、絵によるコラボが次々に展開しています。
驚いたのは1〜2才とは思えない子どもたちの集中力!リズムに合わせて拍手や足踏みをし、最後までぐずることなく、目をキラキラさせてレッスンを楽しんでいました。

音楽の本場ドイツへ留学した際、そのレベルの高さに驚いたという川崎先生。日本でも同じ様に音楽の豊かな土壌を育みたいとの思いでスズキメソッドとグレン・ドーマン博士に学び、ピアノ指導の傍ら長年にわたり大脳生理学の研究を重ねてきました。
自らの子育てでその成果を実証!現在アサフ音楽院の講師でもある2人の娘さんは、演奏家としても活躍中です。

「お母さんも一緒に心豊かな時間を過ごしてくださいね」との言葉通り、教室はママたちにとっても癒しの空間♪。ミニコンサートやパーティなどの楽しい企画や、3才からのピアノクラスもあります。
音楽の奥深い力、一度体験してみませんか。"

川崎紫明 音符ビッツ教室

川崎紫明 音符ビッツ教室

  • 活動日:ベビークラス(0〜2才)木・金40分
    幼児クラス(2〜6才)水・木・金・土50分
    他にアドバンスクラス、集中クラス等あり
  • 月謝:ベビークラス6500円/月3回
    幼児クラス7200円/月3回

他詳細はお問合せください。

♪無料体験レッスンお申込はお電話かFAXでどうぞ

電話:045-593-5659

体験レッスン申込書にご記入の上FAX送信ください。

申込書(PDF)はこちら»

FAX:045-592-8617(ハローイイナ)

※レッスン中などでお電話に出られない場合もありますので、FAXでのお申込が確実です

音符ビッツ リトミック ベビークラス(0〜2才)

0才から2才

音符ビッツ リトミック ベビークラス

音楽によって最も心がリラックスし、集中した環境で、大好きなお母様とすごす時間の中で、この時期に最適な、脳を発達させる音符ビッツのプログラムにより、赤ちゃんの脳はぐんぐん発達します。

赤ちゃんの輝く瞳と、お母さまの笑顔に出会える時間です。

音符ビッツリトミック教室では、かわいいうさぎのキャラクター、アリーちゃんたち、またどうぶつリズムビッツやくだもの和音ビッツなど、子どもたちの大好きなフラッシュカードを見ながら、歌ったりリトミックをします。

当院オリジナルの「赤ちゃんからの脳発達プログラム」に沿って、どの子も言葉が話せるのと同じように、楽しく音感・リズム感・譜読み力を身に付けていきます。

お母さんと一緒に豊かな感受性を

音符ビッツ リトミック ベビー(0〜2才)

大好きなお母さん、おともだち、先生と一緒に、音楽により豊かな感受性を育てます。また、五感をフルに使って、楽しく心と脳を育みます。

白と黒のコントラストが視覚回路を拓くのに最適です。

レッスン内容

音符ビッツ リトミック ベビークラス レッスン内容

  • 講師2名による0~1才は30分、1~2才は40分のグループレッスン
  • グランドピアノの生演奏もたっぷり聴ける
  • オリジナルソングがいっぱい

内容

  • メタルフォーンを聴く。
  • ごあいさつ
  • わらべ歌、手遊び歌
  • 音符ビッツ フラッシュ
    • メロディービッツ、くだもの和音のうた、
    • どうぶつ音価ビッツのうた、
    • どうぶつリズムビッツのうた、etc. 
  • リトミック
  • ごあいさつ

レッスン詳細

クラス名 音符ビッツリトミック ベビークラス(0~1才) 音符ビッツ リトミック ベビークラス(1〜2才)
月謝 4,700円 6,200円
レッスン時間 1レッスン 30分 1レッスン 40分
レッスン回数 月3回 月 3回
レッスン日時 金曜日:10:00~10:30  木曜日: 10:00~10:40

音符ビッツで育てた親の感想

音符ビッツで育てた親の感想1

生後間もなく「CD おうちでビッツ」を毎日繰り返し繰り返し、特に3カ月間位は集中的に聴かせました。

メロディービッツは、ベッドのさくに貼ったり、数枚をモビールの様に吊るしたり、フラッシュして見せたりして、ビッツが生活の中に自然にとけこんでいた様に思います。

1年位毎日続けた結果、何かにつけて成長が早い事に驚きました。

しゃべり始める前から、正しい音程で聴き覚えた歌を歌ったり、階名(ドレミ)で歌うのにはびっくりしました。

リズムビッツは、どうぶつの鳴き声 ワンワン チュチュ、などが楽しい事もありますが、符点のむずかしいリズムも正確にとれるのです。

音符ビッツで育てた親の感想2

2才頃から、音符ビッツ教室のお友達を見て、めくることに熱中する様になり、音符を口ずさみながら両手を使ってメロディビッツ114枚を一気に速読出来るようになりました。

その集中力には驚かされます。5才の今も楽しくやってます。

話し方においても表現の仕方が適確で、会話の能力も高いと思われます。

コマーシャルなど、一度聴いただけで覚え、歌っています。

ピアノを弾くときの表現力が豊かで読譜には抵抗がないのがすごいと思います。感情表現もとても豊かです。

音符ビッツは”楽しく、大きく、くり返し”の3原則通り、親にも何のストレスもかかりません。

CDも遊ばせながら、BGMにしているだけでしたが、絶対音感がつきました。

何にでも積極的な娘に育っています。

その他の声はコチラ

音符ビッツの教室

タグ:

ピアノ  教室  リトミック  音符  ビッツ  音楽  レッスン  クラス  講師  先生  リズム  演奏  出来  時間  フラッシュカード  和音  カード  譜読  能力  自然  リズムビッツ  絶対音感  視覚  言葉  成長  発達  asaph  アリー  読譜  集中力  ベビークラス  詳細  一緒  アノ  音感  プログラム  ベビー  ビッツリトミック  速読  時期  出会  手遊  オリジナル  月謝  グループレッスン  集中  五感  グループ  フラッシュ  毎日  内容  友達  最適  キャラクター  大好  日時  ワンワン  プロ  笑顔  表現  結果  環境  熱中  回路  生活  回数  メロディビッツ  ドレミ  母様  視覚回路  グランドピアノ  感受性  メロディー  一気  etc  階名  トレ  正確  一度  コチラ  積極的  生後  生演奏  脳発達  リラックス  才頃  オリジナルソング  表現力  メロディービッツ  生後間  仕方  music  BGM  レッ  両手  感情  ストレス  フル  プレ  符点  音程  メロディ  メタルフォーン  キャラ  会話  www  金曜日  当院  感想  木曜日  一度聴  毎日繰  原則通  ベッド  感情表現  数枚  抵抗  チュチュ  年位毎日続  集中的  コマーシャル  モビール  コントラスト  適確  月間位  速読出来  音価 

親が音楽を教える自身が無いのですが、大丈夫でしょうか?

答え

音楽家の家庭に育った子どもは、自然に音楽が耳に入り、良い演奏に接する事で、子どもに音楽的な能力が身に付く事が多いのですが、それとほぼ同じ条件を、全ての家庭で作る事が出来るのが音符ビッツメソッドです。

その後の子どもとの関わり方に積極的になれます。

子どもにとって何より大切な存在であるお母さん、おうちの方々と音符ビッツで楽しく過ごせるひとときは、一緒に学習する事によって、「やりたい、表現したい」という感情への導入にとても良いと言えます。

基礎講座を受講して

マンネリ化した教室に光が

私は、この川崎紫明先生音符ビッツとの出会いより、まず導入期がいかに大切かということを学びました。

これまで、導入期などというものは、遠回りのような気がしていて、とにかく、ド・レ・ミと覚えさせればいいものだとしか考えていませんでした。

よって、指導者である私も生徒も、レッスン時間が長く苦痛に感じられるマンネリ化した教室でした。

それが、このセミナーを受講するようになり、光が差し込んできました。レッスン中に、私も生徒も笑顔が増えました。

子ども達の生き生きとした目を見られるようになりました。

子ども達の集中力を大切にしたこのレッスンは、集中力が途切れる間もなく、音符ビッツ・和音ビッツ・リズムビッツと次々に一緒に遊びます。このために、指導者として、前準備の大切さを学びました。

今までのレッスンのように、もたもたしていられない。

1時間ほどのレッスンの内容を半分にすることができました。しかも密で濃いものに。

指導者も生徒も満足感と達成感で気持ちよくレッスンを終えられます。

音符やリズムを、ゲーム感覚で自然に覚えられるというのは、目からウロコでした。

中でも、リズムビッツは、可愛い動物の絵と鳴き声で学ぶ方法は、大人でさえもとりこになります。

まだ、言葉もままならない2、3才の幼児は、とても教えられないと思っていましたが、このセミナー受講によって自信がわいてきました。

最近、2才の生徒が通ってくれるようになりましたが、レッスンの吸収力、記憶力には、目を見張るものがあり、驚きと感動です。

また、同じ小学一年生の生徒二人に、一人は、プレ音符ビッツのみから、もう一人はCDのみからのレッスン開始を試みてみました。すると、CDから入った生徒は、ド・レ・ミは言えませんが、CDに合わせて口ずさむことが出来ました。

五感の回路は別々なので、それぞれの働きをしており、ある時は聴覚が優先し、ある時は視覚が優先してお互いに優先しあって能力を生み出すという意味がわかった気がします。

脳科学者の茂木健一郎先生は、

「人間の中で一番大切な臓器が脳である。」

「脳は、感性を生み出す臓器である。」

とおっしゃっている。

最近、脳トレ・脳活・右脳・左脳とよく耳にします。

この音符ビッツは、脳の発達に伴いながら、無理なく自然に身につけられることが嬉しいです。

「楽しく・大きく・くり返し」なのです。

また、母子関係にも深い役割を果たしています。

わが子を抱っこしたり、膝の上に乗せたりのスキンシップを測りながら、親子で学ぶ姿勢が素晴らしいです。

茂木先生は、「子どもは、母親との関係性の中で、自我を確立していく」ともおっしゃっています。

愛情豊かな音符ビッツ教育こそが、今、ゲーム世界に埋もれている現代の子どもたちに大切な教育ではないだろうか。

後藤彰子

応用コースを受講して1

人間教育の基礎となる要素が組み込まれている

視覚と聴覚の統合という言葉は、これまでにも講義の度に何度もお聞きしてきましたが、絵を見せただけの時と比べて、音が入った場合の脳の働きが、6倍位になるという研究発表がされており、右脳と左脳は、はっきりと分かれているのではなく、お互いに多くの機能を分担し合っていて、右脳も左脳の協力なしでは上手く働かせることができないということを、改めて再確認することが出来ました。
また、絶えず段階を経て変化させることにより非常に優秀な機能を作ることが出来るということ、連続的にやり続ける「くり返し」によって、その機能を作っていくことが必要であると感じました。

まだまだ理解不十分なまま、カリキュラムを参考にしながらとにかく手探りでやってきましたが、今回の講座では、耳と目、手と口、足など、使う機能が系統立てて整理されており、今はどういう機能を使っているのか、常に音符ビッツと照らし合わせながらやることが必要であることがわかりました。
また、おけいこノートの使い方も、さらに進化し、段階を経て無理なく進めていけるように整理され、とてもよくわかりました。
音符やリズムを言葉と同じように自由に操ることが出来るようになれば、簡単な作曲をして楽しむことも出来ると、言葉では理解していても、実際にそこまでどのように進めていけばよいのか知りたいと思っていましたので、大変参考になりました。

音符ビッツは、ただ単に音符が読めるようになるというような簡単なものではなく、人間教育の基礎となるいろいろな要素が組み込まれていると思います。
音符ビッツ教室を始めたばかりの頃は、カリキュラムを立てて毎週実行していくことで精一杯だったように思いますが、レッスンを積み重ねながら、川崎先生の講座に何度も参加させていただき、音符ビッツの本当に目指しているものが、もっと深いものだということに気付きました。

音符ビッツ教室の方はまだ幼い子ども達で、何もかもがゼロからのスタートなので、すべてを吸収していくのだと思うと、その責任はの重大さを感じますが、ある程度成長した個人レッスンの生徒については、また少し違う意味を持っていると思います。
音を聴く、音符を読む、リズム感を身につけるなど、音楽的な能力の修得以前に、まずビッツの準備から、姿勢、めくり方、後片付けなどが大切だと考えますが、最近の子ども達の中には、きちんと正座のできない子、姿勢を正して座れない子、集中力のない子等、かつては見られなかったような、考えられない行動をとったり、お行儀のよくない子どももいて、レッスンが出来る状態になるまでの時間が必要になってきています。
そのために、レッスン希望の生徒さんには、まず、音符ビッツメロディとリズムビッツを購入してもらい、レッスンの見学期間中、毎回、音符ビッツをやることにしています。
正座ができず安定して座れないため両手が使えず上手くめくれない子や、落ち着きのない子、家庭の複雑な事情によって家でのお稽古もままならない子など、本当に大変だった生徒が、音符ビッツをやるようになってから、少しずつ変わってきたように思います。
リズムに乗って歌うというくり返しが体に染みついて、自然に口ずさむようになってくると、めくり方も姿勢も次第に改善されてきて、私の話も聞けるようになり、先輩やお友達と一緒にやる楽しみも出てきたように思います。

川崎先生の求めてみえる高いレベルにはまだまだ到達できませんが、音符ビッツを通して、すべての子ども達の可能性を伸ばしてあげたいと願っています。

阪下 多嘉子

1 - 6 / 24 次へ >
サブメニュー

無料体験・お問合わせなどはこちらから…

電話番号045-593-5659
(10:00~19:00 / 日祝休み)

無料体験お申込み

お問合わせ

  • 紫明のひとりごと
  • 無料体験
  • お問い合わせ
  • 音符ビッツとは
  • 指導者養成講座
rss