1. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
  2. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
  3. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院

両手

無料体験・お問合わせなどはこちらから…

電話番号045-593-5659
(10:00~19:00 / 日祝休み)

無料体験お申込み

お問合わせ

1 - 3 / 3

音符ビッツ リトミック ベビークラス(0〜2才)

0才から2才

音符ビッツ リトミック ベビークラス

音楽によって最も心がリラックスし、集中した環境で、大好きなお母様とすごす時間の中で、この時期に最適な、脳を発達させる音符ビッツのプログラムにより、赤ちゃんの脳はぐんぐん発達します。

赤ちゃんの輝く瞳と、お母さまの笑顔に出会える時間です。

音符ビッツリトミック教室では、かわいいうさぎのキャラクター、アリーちゃんたち、またどうぶつリズムビッツやくだもの和音ビッツなど、子どもたちの大好きなフラッシュカードを見ながら、歌ったりリトミックをします。

当院オリジナルの「赤ちゃんからの脳発達プログラム」に沿って、どの子も言葉が話せるのと同じように、楽しく音感・リズム感・譜読み力を身に付けていきます。

お母さんと一緒に豊かな感受性を

音符ビッツ リトミック ベビー(0〜2才)

大好きなお母さん、おともだち、先生と一緒に、音楽により豊かな感受性を育てます。また、五感をフルに使って、楽しく心と脳を育みます。

白と黒のコントラストが視覚回路を拓くのに最適です。

レッスン内容

音符ビッツ リトミック ベビークラス レッスン内容

  • 講師2名による0~1才は30分、1~2才は40分のグループレッスン
  • グランドピアノの生演奏もたっぷり聴ける
  • オリジナルソングがいっぱい

内容

  • メタルフォーンを聴く。
  • ごあいさつ
  • わらべ歌、手遊び歌
  • 音符ビッツ フラッシュ
    • メロディービッツ、くだもの和音のうた、
    • どうぶつ音価ビッツのうた、
    • どうぶつリズムビッツのうた、etc. 
  • リトミック
  • ごあいさつ

レッスン詳細

クラス名 音符ビッツリトミック ベビークラス(0~1才) 音符ビッツ リトミック ベビークラス(1〜2才)
月謝 4,700円 6,200円
レッスン時間 1レッスン 30分 1レッスン 40分
レッスン回数 月3回 月 3回
レッスン日時 金曜日:10:00~10:30  木曜日: 10:00~10:40

音符ビッツで育てた親の感想

音符ビッツで育てた親の感想1

生後間もなく「CD おうちでビッツ」を毎日繰り返し繰り返し、特に3カ月間位は集中的に聴かせました。

メロディービッツは、ベッドのさくに貼ったり、数枚をモビールの様に吊るしたり、フラッシュして見せたりして、ビッツが生活の中に自然にとけこんでいた様に思います。

1年位毎日続けた結果、何かにつけて成長が早い事に驚きました。

しゃべり始める前から、正しい音程で聴き覚えた歌を歌ったり、階名(ドレミ)で歌うのにはびっくりしました。

リズムビッツは、どうぶつの鳴き声 ワンワン チュチュ、などが楽しい事もありますが、符点のむずかしいリズムも正確にとれるのです。

音符ビッツで育てた親の感想2

2才頃から、音符ビッツ教室のお友達を見て、めくることに熱中する様になり、音符を口ずさみながら両手を使ってメロディビッツ114枚を一気に速読出来るようになりました。

その集中力には驚かされます。5才の今も楽しくやってます。

話し方においても表現の仕方が適確で、会話の能力も高いと思われます。

コマーシャルなど、一度聴いただけで覚え、歌っています。

ピアノを弾くときの表現力が豊かで読譜には抵抗がないのがすごいと思います。感情表現もとても豊かです。

音符ビッツは”楽しく、大きく、くり返し”の3原則通り、親にも何のストレスもかかりません。

CDも遊ばせながら、BGMにしているだけでしたが、絶対音感がつきました。

何にでも積極的な娘に育っています。

その他の声はコチラ

音符ビッツの教室

タグ:

ピアノ  教室  リトミック  音符  ビッツ  音楽  レッスン  クラス  講師  先生  リズム  演奏  出来  時間  和音  フラッシュカード  カード  譜読  能力  自然  リズムビッツ  絶対音感  視覚  言葉  成長  asaph  発達  アリー  読譜  集中力  ベビークラス  一緒  詳細  アノ  プログラム  音感  ベビー  速読  ビッツリトミック  時期  出会  手遊  オリジナル  月謝  集中  グループレッスン  五感  内容  フラッシュ  グループ  毎日  友達  最適  大好  キャラクター  日時  ワンワン  表現  笑顔  プロ  熱中  生活  環境  回路  結果  ドレミ  メロディビッツ  回数  視覚回路  母様  グランドピアノ  メロディー  感受性  一気  階名  一度  正確  トレ  etc  コチラ  オリジナルソング  リラックス  積極的  才頃  脳発達  生演奏  生後  メロディービッツ  生後間  仕方  表現力  music  符点  両手  ストレス  メロディ  メタルフォーン  レッ  感情  プレ  フル  BGM  音程  www  キャラ  木曜日  会話  感想  当院  金曜日  ベッド  適確  コントラスト  コマーシャル  月間位  音価  数枚  チュチュ  原則通  感情表現  一度聴  抵抗  モビール  速読出来  年位毎日続  集中的  毎日繰 

応用コースを受講して1

人間教育の基礎となる要素が組み込まれている

視覚と聴覚の統合という言葉は、これまでにも講義の度に何度もお聞きしてきましたが、絵を見せただけの時と比べて、音が入った場合の脳の働きが、6倍位になるという研究発表がされており、右脳と左脳は、はっきりと分かれているのではなく、お互いに多くの機能を分担し合っていて、右脳も左脳の協力なしでは上手く働かせることができないということを、改めて再確認することが出来ました。
また、絶えず段階を経て変化させることにより非常に優秀な機能を作ることが出来るということ、連続的にやり続ける「くり返し」によって、その機能を作っていくことが必要であると感じました。

まだまだ理解不十分なまま、カリキュラムを参考にしながらとにかく手探りでやってきましたが、今回の講座では、耳と目、手と口、足など、使う機能が系統立てて整理されており、今はどういう機能を使っているのか、常に音符ビッツと照らし合わせながらやることが必要であることがわかりました。
また、おけいこノートの使い方も、さらに進化し、段階を経て無理なく進めていけるように整理され、とてもよくわかりました。
音符やリズムを言葉と同じように自由に操ることが出来るようになれば、簡単な作曲をして楽しむことも出来ると、言葉では理解していても、実際にそこまでどのように進めていけばよいのか知りたいと思っていましたので、大変参考になりました。

音符ビッツは、ただ単に音符が読めるようになるというような簡単なものではなく、人間教育の基礎となるいろいろな要素が組み込まれていると思います。
音符ビッツ教室を始めたばかりの頃は、カリキュラムを立てて毎週実行していくことで精一杯だったように思いますが、レッスンを積み重ねながら、川崎先生の講座に何度も参加させていただき、音符ビッツの本当に目指しているものが、もっと深いものだということに気付きました。

音符ビッツ教室の方はまだ幼い子ども達で、何もかもがゼロからのスタートなので、すべてを吸収していくのだと思うと、その責任はの重大さを感じますが、ある程度成長した個人レッスンの生徒については、また少し違う意味を持っていると思います。
音を聴く、音符を読む、リズム感を身につけるなど、音楽的な能力の修得以前に、まずビッツの準備から、姿勢、めくり方、後片付けなどが大切だと考えますが、最近の子ども達の中には、きちんと正座のできない子、姿勢を正して座れない子、集中力のない子等、かつては見られなかったような、考えられない行動をとったり、お行儀のよくない子どももいて、レッスンが出来る状態になるまでの時間が必要になってきています。
そのために、レッスン希望の生徒さんには、まず、音符ビッツメロディとリズムビッツを購入してもらい、レッスンの見学期間中、毎回、音符ビッツをやることにしています。
正座ができず安定して座れないため両手が使えず上手くめくれない子や、落ち着きのない子、家庭の複雑な事情によって家でのお稽古もままならない子など、本当に大変だった生徒が、音符ビッツをやるようになってから、少しずつ変わってきたように思います。
リズムに乗って歌うというくり返しが体に染みついて、自然に口ずさむようになってくると、めくり方も姿勢も次第に改善されてきて、私の話も聞けるようになり、先輩やお友達と一緒にやる楽しみも出てきたように思います。

川崎先生の求めてみえる高いレベルにはまだまだ到達できませんが、音符ビッツを通して、すべての子ども達の可能性を伸ばしてあげたいと願っています。

阪下 多嘉子

愛こそすべて

愛こそすべて ―バーンスタインにふれて―(1985年)

関西地区ピアノ研究グループ講師 川崎紫明

二年半ぶりに来日されたイスラエル・フィルの方々と共に過ごしました興奮の一週間、夜もねむれない日々でした。

九月二日、主人がイスラエル留学中に学びましたヤコブ・バルネア先生(クラリネット主席奏者)、同じくクラリネットのイスラエル・ゾハルさん御夫婦、長女香子がアメリカ・インディアナ大学で一年間学びましたホルン主席奏者のメイル・リモンさん等を我家にお招きいたしました。

スキヤキと天ぷらでパーティーをいたしましたが、とてもお気に入りで、上手にお箸を使われながらの一時。美しく仲睦まじいカップルに見とれながら、音楽の話に花が咲き、ハリウッドにいるような夢見る思いで過ごしました。

夕食後はヘブライ・ソングや日本の「赤とんぼ」「めだかの学校」などを歌ったりの交歓会となりました。クラリネットのヤコブさんがバッハのプレリュードを演奏して下さいましたが、ピアノも本当にお上手で、魂にしみ入る演奏でした。「自分にとっては楽器はおもちゃのようです」とおっしゃっていました。ますで坊やがパズルでも楽しんでいるような無邪気さで音楽に接しておられるのを見て、本当にうらやましく思いました。そこには自然の美しさ、心をとらえてやまない魅力があふれていました。

音楽は国境を越えて――と言われますが、音楽を通じて目と目を交わすだけで魂が一つに結ばれるような、深いきずなを感じました。

翌三日はフェスティバル・ホールで、マーラーの交響曲第九番を聴きました。巨匠バーンスタインのお姿は、舞を舞う天女のようにも映りました。指揮台を踏み鳴らし、リズムにのっておどり、その身の軽やかさに秘められた、ものすごいエネルギー。愛のほとばしりが、岩にあたってはくだけ散る水しぶきのように伝わって来るのです。激しい生命が満ち充ちていました。

曲の最後はppで終わりますが、両手を静かに静かに下ろしていかれるその瞬間瞬間、息をのむ一時でした。全聴衆も一体となって、空気も全てが芸術の中にとかされる時間でした。

おもむろに指揮台から下りてコンサート・マスターと抱擁しておられるお姿を見ながら、涙がとめどなくあふれ出ました。われるような拍手の中、オーケストラの方々の中に入って行かれ、次々楽団員の方々と握手され、ソロ・パートの方々を立たせておられる熱い愛の溢れるお姿を見て、魂を神に捧げ切って人々に奉仕しておられるような思いがいたしました。偉大な芸術家としての崇高な輝きが忘れられません。

翌四日は京都へお供しました。家族を残し、長い演奏旅行をしながら愛の足跡を残してゆかれるお一人お一人の心境を垣間見ながら、金閣寺の境内を歩きました。

夜は、バーンスタイン作曲「ハリル」。十九歳の若さで戦死していかれた天才フルーティストのために書かれた曲でした。また、ブラームスの交響曲の、うねるような弦の調和、音色の美しさは、豊かな波となって押しよせて来るような感動でした。

大阪公演の最終日、ハーピストのユディットさん御夫婦と共に、心斎橋などショッピングのお供をしました。特に着物には非常に関心を示され、「優雅だ、美しい」と連発しておられました。

存在しているだけで生命が満ち、周囲を包みこんでしまうような大きさ、豊かさ。また二年後の再開を約束して、涙と共にお別れしました。

鈴木先生の

音にいのち在り 姿なく生きて
音楽――それは生命のことば

が私の胸に大きく響きました。世界平和を祈ってやみません。

スズキメソード ~才能教育季刊誌より~

1 - 3 / 3
サブメニュー

無料体験・お問合わせなどはこちらから…

電話番号045-593-5659
(10:00~19:00 / 日祝休み)

無料体験お申込み

お問合わせ

  • 紫明のひとりごと
  • 無料体験
  • お問い合わせ
  • 音符ビッツとは
  • 指導者養成講座
rss