1. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
  2. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
  3. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院

拍手

無料体験・お問合わせなどはこちらから…

電話番号045-593-5659
(10:00~19:00 / 日祝休み)

無料体験お申込み

お問合わせ

1 - 6 / 7 次へ >

子育て情報サイト「リトルママ」で音符ビッツ教室が紹介されました!

子育てママの育児ライフを応援する情報サイト「リトルママ」で、アサフ音楽院の音符ビッツ教室が紹介されました。

『楽しみながら、豊かな能力を花開かせよう♪』

リトルママ:http://tokyo.l-ma.jp/tokyo/

リトルママ

"音符ビッツとは、脳科学理論に基づいて考案された音楽による脳開発カード教材。といっても難しい訓練ではなく、楽しく遊びながら生活の中に音楽を取り入れ、絶対音感、譜読み力、集中力を養っていく「0才から始められるソルフェージュメソッド」です。

この日はベビークラスにおじゃましました。リズム遊び、手遊び歌、フラッシュカード。大きな五線譜に大きな音符の玉をペタリ。音、リズム、絵によるコラボが次々に展開しています。
驚いたのは1〜2才とは思えない子どもたちの集中力!リズムに合わせて拍手や足踏みをし、最後までぐずることなく、目をキラキラさせてレッスンを楽しんでいました。

音楽の本場ドイツへ留学した際、そのレベルの高さに驚いたという川崎先生。日本でも同じ様に音楽の豊かな土壌を育みたいとの思いでスズキメソッドとグレン・ドーマン博士に学び、ピアノ指導の傍ら長年にわたり大脳生理学の研究を重ねてきました。
自らの子育てでその成果を実証!現在アサフ音楽院の講師でもある2人の娘さんは、演奏家としても活躍中です。

「お母さんも一緒に心豊かな時間を過ごしてくださいね」との言葉通り、教室はママたちにとっても癒しの空間♪。ミニコンサートやパーティなどの楽しい企画や、3才からのピアノクラスもあります。
音楽の奥深い力、一度体験してみませんか。"

川崎紫明 音符ビッツ教室

川崎紫明 音符ビッツ教室

  • 活動日:ベビークラス(0〜2才)木・金40分
    幼児クラス(2〜6才)水・木・金・土50分
    他にアドバンスクラス、集中クラス等あり
  • 月謝:ベビークラス6500円/月3回
    幼児クラス7200円/月3回

他詳細はお問合せください。

♪無料体験レッスンお申込はお電話かFAXでどうぞ

電話:045-593-5659

体験レッスン申込書にご記入の上FAX送信ください。

申込書(PDF)はこちら»

FAX:045-592-8617(ハローイイナ)

※レッスン中などでお電話に出られない場合もありますので、FAXでのお申込が確実です

第32回アサフ音楽院クリスマスコンサートを終えて

12月26日に開催された「第32回アサフ音楽院クリスマスコンサート」の様子をご紹介します。

総勢50名近くの生徒によるピアノ・ハープ・テューバの独奏、音とリズムと絵によるコラボレーション「音符ビッツで楽しく」やロビーでの音符ビッツ体験会、特別ゲストによる演奏など、音楽のよろこびにあふれた一日となりました。

音とリズムと絵によるコラボレーション「音符ビッツで楽しく」より、「どうぶつリズムビッツのうた」

音とリズムと絵によるコラボレーション「音符ビッツで楽しく」より、「どうぶつリズムビッツのうた」。
四分音符「ワン!」三連符「ケロロ」など、音符の持つリズムを動物の鳴き声で答える楽しい雰囲気に拍手が出ました。

(左)「宇宙線間ドファラ」。即興のメロディーを聴いて、音符の玉を貼っていきます。緊張感あふれる瞬間! (右)リーナちゃんチームによるメロディビッツ速読一分間チャレンジでは、子どもたちの手技と集中力に会場から歓声が。

(左)「宇宙線間ドファラ」。即興のメロディーを聴いて、音符の玉を貼っていきます。緊張感あふれる瞬間!
(右)リーナちゃんチームによるメロディビッツ速読一分間チャレンジでは、子どもたちの手技と集中力に会場から歓声が。

(左・中)生徒による心のこもったピアノ・ハープの独奏に聴き入りました。 (右)四宮伶嗣くんによる自作自演「おばけ組曲」の披露。音で描かれる世界にワクワクドキドキ。

(左・中)生徒による心のこもったピアノ・ハープの独奏に聴き入りました。
(右)四宮伶嗣くんによる自作自演「おばけ組曲」の披露。音で描かれる世界にワクワクドキドキ。

ロビーで行われた音符ビッツ体験会は大盛況!小さなお子様もビッツの楽しさに夢中になってくれました。

ロビーで行われた音符ビッツ体験会は大盛況!小さなお子様もビッツの楽しさに夢中になってくれました。

キャンドルサービス「きよしこの夜」でお別れです。 (ハープ:川崎かぐや うた:山中恭子 ピアノ:四宮香子)

キャンドルサービス「きよしこの夜」でお別れです。 (ハープ:川崎かぐや うた:山中恭子 ピアノ:四宮香子)

練習を重ね最高の演奏を披露された生徒の皆さん、お疲れ様でした。長時間の演奏会にお付き合いいただいた保護者の方、ご来場いただいた皆様に心より感謝申し上げます。

音符ビッツとは?

「川崎紫明(かわさきしめい)音符ビッツ」は、スズキ・メソードで世界的に有名な鈴木鎮一先生とグレン・ドーマン博士のすばらしい理念と教育法に学び、また大脳生理学へのたゆまぬ研究努力と、脳科学の確固たる裏付けに基づいて考案され、画期的なソルフェージュ・メソッドとして、1996年大阪の地に産声をあげました。以来16年にわたり、多くの指導者の皆様方やご家庭においてご愛用いただいております。

くり返し音楽を聴くことによって、驚くべき感性が培われるのと同じく、くり返し視ることによっても、視覚からの感性が培われるならば、誰でもすらすらと楽譜が読めるようになれるのではないか、という着眼点のもと、制作されたのが音符ビッツです。

音符ビッツ 鈴木鎮一先生とともに音符ビッツ グレン・ドーマン博士とともに

全脳を鍛える『音符ビッツ』

目で視る、耳で聴く、口で読む、または歌う、指でなぞる。それらをリズムに乗ってくり返す。『音符ビッツ』の学習法は、脳の諸野を総動員して、あやゆる機能を高めます。

ユダヤ人はとても優秀な民族ですが、彼らもこの五感を使った全身学習法で勉強します。目・口・耳の三器官を同時に使うことは、目だけ、耳だけよりも、6倍の効果を生み出すと言われています。『音符ビッツ』は、ト音記号114枚の他に、ヘ音、和音、リズムなどかなりの量がありますが、くり返し復習することにより、脳に大きな記憶回路を作ります。一度容量の大きい記憶回路ができてしまうと、人間の脳は、次から次へといろんな情報をキャッチする能力ができてしまうのです。

無限の創造力を開花

0才~3,4才位までは、神経回路が最も複雑に絡み合って発達する時期で、3才で60%、6才で80%完成すると言われています。その頃までに音楽を聴くことはもちろんのこと、右脳のパターン認識力の基本である”視覚回路”を開くことも大切です。

この幼少期は、音符や文字の大きさが小さいと読むことができないのですが、大きいものは読むことができる。ということから、大きな玉の『音符ビッツ』は”視覚回路”を開くのにとても適しています。

『音符ビッツ』は、赤ちゃんから大人まで、色々なバリエーションで楽しく遊びながら、読譜の世界へ導きます。母国語の”アイウエオ…”と同じ様に、『音符ビッツ』によりどの子も'ドレミ'を読んだり、歌ったり、創ったりできる様になります。

考案した脳開発教材(音符ビッツ)で生徒の心を育てたい

今の乱れた社会の中で、人々は不安でいっぱいだと思います。こんな時代にこそ、音楽教育は欠かすことができません。豊かな心を持って、愛情にあふれて、子ども達に接してゆきたいと願います。

鈴木鎮一先生、グレン・ドーマン博士の他、多くの方々に心よりの感謝の気持ちをこめて。
子ども達の幸せを祈りつつ。

川崎紫明

ここで『音符ビッツ』ができるまでの道のりを述べたいみたいと思います。

音符ビッツができるまで

ベルリンでの音楽への開眼

私は大阪音楽大学、ピアノ科を卒業後、大阪フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督だった朝比奈隆先生ご夫妻のご媒酌により、同楽団のクラリネット奏者であった川崎良一と結婚。9年後、主人はイスラエルへ留学、その後引き続いてドイツへ。私も娘香子を連れて、共にベルリンに留学することとなりました。

初めてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートに行った時の情景を今も忘れることができません。オーケストラのすばらしい演奏もさることながら、一曲毎に聴衆からの拍手が鳴り止まないのです。それは、まるで別世界にいるようでした。

「演奏家と聴衆が溶け合ってる!!」私の目からは、涙がとめどなくあふれました。音楽の歴史の重みをひしひしと感じました。

主人はベルリン国立芸術大学へ、私は当時のコンセルバトワール(現:ベルリン国立芸術大学)に入学しました。

最初のレッスンは、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第一番でした。

「私の全てをあなたに注ぎましょう」とおっしゃって、オーケストラ・パートを弾いて下さるクラウゼ先生のピアノを通して、ベートーヴェンの魂が伝わってくるかの様な感動を、私は覚えました。日本でのテクニック中心の厳しい授業とは違って、毎回生命のよろこびを一杯に受けて、レッスン室を出たことを思い出します。

私達家族にとって、ベルリンでの留学生活は、音楽への開眼でした。

「こんなに素晴らしい精神的な高さと、愛に満ちた音楽の世界を日本でも実現したい…」という夢と希望を胸に帰国、小さいながら”アサフ音楽院”を設立しました。

『スズキ・メソード』を求めて

理想を求めて日々模索していたある夏の日、家族4人で旅行をかねて信州の松本へ、鈴木鎮一先生をお訪ねしました。かねてから聞いていた『スズキ・メソード』を知りたかったからです。二女かぐやが2才10ケ月のことでした。鈴木先生は私達を温かく迎えて下さり、

「かぐやちゃん、いくつになったの?」
「もうすぐ3才です」
「年をとりましたねぇー」
「??」

このお言葉にびっくり仰天、まだ2才なのに…

早期教育を提唱されていた鈴木理念に触れ、私の研究もかねて、大阪から松本までかぐやのピアノのレッスンに通うこととなりました。(当時、関西には、スズキ・メソードピアノ科はなく、私は、ピアノ科研究グループ第一号とはなりません。)

鈴木先生は、私達をみつけては先生のお部屋に呼んでくださり、

「僕は、こうしてクライスラー先生から学びました」

とおっしゃって、レコードをかけながらヴァイオリンの弓を上げたり下げたりしながらの研究方法を教えて下さいました。

『スズキ・メソード』は”耳からの母語教育法”ということで、クラシックの名曲や教本の付いているテープを、一日何時間も聴かせるとこを試みました。テープ・レコーダーを砂場・お風呂場…と、子どもの居場所に引っぱって行っては盛んに聴かせました。

わが子を育てながら、耳から聴くことを通して育つ能力には、驚かされるばかりでした。

聴いた曲はすぐにピアノで弾けてしまうのです。

かぐやがバッハのパルティータを弾いた頃でしょうか、鈴木先生に読譜についてもお尋ねしたことがあります。

「かぐやは指がひとりでに動いて、気が付いたら曲を弾き終わってしまっている時があるのです。楽譜を見ながら弾いていないのです。」
「耳が育ち過ぎましたねぇ」
「先生は、読譜についてどうお考えですか?」
「スズキ・メソードは、木に例えれば幹です。葉を茂らせるのは、先生方の役目です。――川崎先生、お願いしますよ。」

私は読譜の重要性を切実に感じていましたので、鈴木先生のこのお言葉をきっかけに、それ以降、真剣に読譜の研究に取り組むこととなりました。

グレン・ドーマン博士との出会い

1992年、グレン・ドーマン博士の『赤ちゃんからの知能をどう倍増させるかコース』というレクチャーが神戸で開催されました。以前、ドーマン博士が初来日された折、講演を聴きに行ったことがあり、また著書『子どもの知能は限りなく』で感銘を受けていた私は、すぐに申し込み、参加しました。受講料は高額でしたが、1日8時間×5日間、定員100名の集中講座は、とても有意義でした。

  • 脳の成長の必要条件=大きく、楽しく、くり返し
  • 脳に向かう回路=五感(見る・聴く・匂いを嗅ぐ・味わう・触れる)でそれぞれ別の回路がある。

見る(視覚)と聴く(聴覚)が別の回路であるといことは、当たり前のことなのですが、その時の私には、強烈なインスピレーションとして心に響きました。

耳からくり返し聞くことを通じて、あれ程の感性が育つのであれば、同じ様にくり返し視ることを通して、視覚による感性も育つのではないだろうか?幾日も私の頭の中は、そのことでいっぱいでした。

『音符ビッツ』の実験

数ヶ月後、大きな五線紙に、3つの玉を描いた音符カード(ビッツ)を114枚作り、ピアノの生徒に実験してみました。積み重ねたビッツをめくりながら、1枚のビッツに描かれている3つの音符を、1つの単語として一気に速読させてみました。

  • 音符を1つずつこれは”ド”、これは”レ”と教えるのではなく、3つの違う音(’ドレミ’など)をパターンとして、右脳にイメージすることから入ります。
  • フラッシュして見せたり、めくり方練習を丁寧に教えてから、速読させるようにします。
  • 2人並んで速読させると、やる毎にスピード感が増してゆく楽しさ…1分間にめくる枚数が、40枚、50枚、60枚と増えてゆき、子ども達は一層熱中します。

「これはすごい!」と実感した私は、研究・実践を重ねました。その結果、音符ビッツをやった生徒と、それ以外の生徒とでは、集中力において大きな違いがあることを発見しました。前者は、楽譜を見る事への興味が湧いて、とても意欲的にピアノに向かう様になったのです。

また、レッスンに付いて来る下の子ども達にも同じ様にやらせてみました。そうして、ピアノを始める以前の子ども対象のグループが、次々とできていったのです。もう一度、子育てを一からやってみたいと願われるお母様が次々と現れて、ベビーブームになりました。

スズキ・メソードでピアノをやりながら、「音符ビッツ」を併用した子ども達の中から、音楽大学の他、一流大学の工学部・法学部・医学部などへ進学する生徒が次々と育ってゆきました。

タグ:

ピアノ  音符  ビッツ  音楽  レッスン  アサフ  音楽院  先生  リズム  中心  大人  楽譜  生徒  演奏  大切  参加  川崎  時間  指導  和音  イスラエル  コンサート  感性  メソード  脳科学  川崎紫明  奏者  教育  クラリネット  カード  スズキ  コース  希望  オーケストラ  教材  ソルフェージュ  指導者  開催  能力  世界  大阪  視覚  フィル  言葉  成長  asaph  発達  学習  読譜  集中力  一流  onpubits  ヴァイオリン  研究  アノ  日本  鈴木先生  関西  ベビー  速読  音楽教育  時期  ドーマン  素晴  川崎先生  出会  実践  学習法  ベルリン  演奏家  集中  講座  鈴木  講演  機能  創造力  人間  五感  家庭  フラッシュ  グループ  開花  バッハ  聴覚  方法  博士  丁寧  右脳  フィルハーモニー  メソッド  効果  受講  子育  練習  留学  音記号  クラシック  感動  全身  考案  家族  脳開発  開発  神戸  イメージ  皆様  テクニック  協奏曲  熱中  生活  松本  大脳生理学  回路  グレン  結果  紫明  制作  優秀  勉強  ドレミ  情報  授業  私達  同時  重要  香子  拍手  必要  ドイツ  視覚回路  母様  場所  記憶回路  鈴木鎮一先生  気持  分間  興味  聴衆  管弦楽団  バリエーション  当時  実感  受講料  テープ  主人  一気  有名  社会  知能  パート  時代  無限  最初  努力  感謝  一度  大学  歴史  音楽大学  以前  パターン  生命  先生方  早期教育  感銘  教本  不安  愛情  スピード  川崎良一  学生  国立  開眼  重要性  文字  部屋  レクチャー  入学  倍増  二女  画期的  理想  ベートーヴェン  発見  認識力  大阪音楽大学  国立芸術大学  基本  協奏曲第一番  医学部  真剣  神経回路  コンセルバトワール  ストラ  諸野  来日  母語教育法  名曲  脳開発教材  以外  実験  幼少期  定員  全脳  芸術  意欲  一杯  music  レコード  オーケ  総動員  復習  科研究  複雑  設立  理念  砂場  精神的  確固  方練習  帰国  役目  対象  別世界  実現  クラウゼ  クライスラー  キャッチ  母国語  レッ  ユダヤ  教育法  風呂場  鈴木鎮一  進学  音楽監督  旅行  日間  朝比奈隆先生  有意義  パルティータ  留学生活  提唱  ハーモニー  楽団  模索  アイウエオ  民族  毎回生命  法学部  www  集中講座  インスピレーション  枚作  枚数  onpu  全身学習法  容量  前者  完成  切実  初来日  併用  工学部  何時間  年大阪  信州  居場所  同楽団  卒業後  卒業  単語  夫妻  娘香子  媒酌  年後  才位  高額  意欲的  一層熱中  レコーダー  ベビーブーム  bits  メソードピアノ  一度容量  一日  強烈  後引  五線紙  仰天  以降  幾日  人並  一曲毎  情景  一日何時間  一流大学  必要条件  三器官  著書  結婚  第一号  記憶  研究方法  私達家族  鈴木理念  認識  科学  母語 

イスラエル・フィルと共に

イスラエル・フィルと共に(1983年)

ピアノ研究グループ講師 川崎紫明

幻のオーケストラと言われ、全国音楽ファンの待望の的であったイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団が、指揮者ズービン・メータと共に二十五年ぶりに来日、三月七日の東京公演を皮切りに九回のエネルギッシュな演奏日程の中、嵐のように大きな感動の渦を残して去ってゆかれました。

私は二度にわたる聖地巡礼を通し、魂のふるさとのようにも慕わしいイスラエルの方々との再会を待ちに待っていただけに、本当にうれしい十日間でした。主人のクラリネットの恩師ヤコブ・バルネア先生もメンバーに加わっていらっしゃり、涙の再開が持てたことも感動でした。

私は京都・東京・大阪二回、計四回のコンサートを聴くことが出来、夜もねむれないほどの興奮の日々でした。A・B・Cのプログラム全部を聴くことが出来ましたが、特に大阪フェスティバルホールでのストラビンスキーの「春の祭典」とザ・シンフォニーホールでのマーラーの交響曲第五番の演奏は非常な熱演で、オーケストラと聴衆の熱い魂の交流を覚え、民衆も宗教も全ての違いを超えた崇高な世界に吸いこまれるような一時でした。

大阪での最終公演では、アンコールの拍手が鳴りやまず、三回目のアンコールに答えてイスラエル国歌「ハティクバ」が演奏されました。私はとめどなく流れ出る涙をどうすることも出来ませんでした。イスラエルの迫害の歴史が、強い魂となって音楽にほとばしり出ているようでした。全聴衆が起立したまま、楽団員がステージから姿を消してゆかれる間中、熱烈な拍手がつづき、しばしの時を忘れました。

コンサートの合間をぬって三月十四日夜、イスラエル・フィルに同行された映画班のロケ隊が私宅を訪ねてこられました。娘の香子がエルサレム・ルービン音楽アカデミアに留学中ですが、プロデューサーであるアミーナ女史が、イスラエル・フィル日本公演の映画製作にあたり、香子の両親を訪ねて日イ親善のかけ橋として友愛関係をぜひフィルムに綴りたい、との意向でした。スタッフ七名の方々と通訳の阿部さんをおむかえし、世界を一つに結ぶ音楽の役割・使命を強く覚えたことでした。

翌十五日、十二時半から四時半まで、イスラエル・フィルのピアニスト、ルート・メンゼ・コーヘンさんをむかえ、ロケーションが行われました。昨年イスラエルの現代作曲家の作品を集めて、主人がクラリネット・リサイタルを催しましたが、そのプログラムを見てルートさんはとてもよろこんで下さいました。数多くの作品を持っているから、ぜひ日本に紹介してほしい、と熱い心を語れました。

ウェーバーの「クラリネットとピアノのための協奏二重奏曲」を三人で演奏いたしました。二台のピアノでブッツケ本番でしたので最初はどうなることかと案じましたが、初めての出合いとは思えないほど息の合った演奏が出来たことは、本当に不思議でした。ルートさんも「ブラボー、ブラボー」と言って、とても満足して下さり、よろこびをかくしきれないご様子でした。音楽には国境がない、としみじみ思いました。折しもやわらかい西日差す窓辺で、天国の絵巻物を見るような、夢見る一時でありました。

二年前、私がルービン音楽アカデミアでスズキ・メソードの講演とピアノの公開レッスンをさせていただいたことがございましたが、その後の反響も大きく、昨夏コーヘン学長が来日され、才能教育の本部を訪問されました。鈴木先生ご夫婦と親しくお話しの時がもたれ、生徒さんたちのウェルカム・コンサートには驚き、感激され、「これはぜひ全イスラエルにひろめたい。小さな子どもたちが今のように手ばなしの状態ではもったいない」と、非常な熱意と希望をもって帰国されたことでした。

アミーナ女史もスズキ・メソードに関心をよせられ、今回ロケーションの一部に生徒たちの公開レッスンの模様をくりこまれました。三歳児のモミジのような手で弾く「キラキラ星変奏曲」には、びっくりされました。思わぬハプニングに大よろこびされました。最後に床の間・琴・日本人形などと、イスラエルのメノラー・壁かけ・人形などとを組み合わせ撮影されるカメラマンの方々の心に、深い愛と平和への祈りを感じ、目に見えない所で黙々と働いておられる偉大な人間像をきざみ込まれた思いがいたしました。私たちの人生の恩師、手島郁郎先生の写真を大きくクローズアップして最後を結ばれましたが、私たち一人一人の存在が、やがて世界の救いにつながるのではないか、と平和を祈らずにおれません。

スズキメソード ~才能教育季刊誌より~

タグ:

ピアノ  音楽  レッスン  講師  先生  生徒  演奏  川崎  出来  東京  イスラエル  コンサート  メソード  川崎紫明  教育  クラリネット  スズキ  希望  オーケストラ  世界  大阪  両親  フィル  研究  アノ  プログラム  日本  鈴木先生  紹介  リサイタル  本当  鈴木  講演  人間  歳児  グループ  フィルハーモニー  キラキラ  留学  回目  ピアニスト  様子  感動  ルービン  非常  才能  ホール  プロ  今回  紫明  香子  三歳  シンフォニー  拍手  星変奏曲  京都  アップ  人生  公開  関心  聴衆  管弦楽団  役割  全国  主人  状態  一部  最後  昨年  最初  作品  作曲  歴史  指揮者  才能教育  数多  感激  作曲家  不思議  女史  一時  アカデミア  コーヘン  スタッフ  指揮  メンバー  マーラー  ストラ  来日  再開  興奮  偉大  写真  宗教  存在  オーケ  現代  製作  留学中  帰国  崇高  使命  交流  合間  夢見  団員  全部  アンコール  ウェーバー  レッ  ルート  ヤコブ  通訳  ステージ  日間  フェスティバル  フェスティバルホール  バルネア  ハーモニー  本人  満足  楽団  楽団員  模様  アミーナ  エルサレム  本部  エネルギッシュ  関係  全聴衆  平和  変奏曲  国境  夫婦  ロケーション  二度  待望  恩師  三人  ブラボー  絵巻物 

愛こそすべて

愛こそすべて ―バーンスタインにふれて―(1985年)

関西地区ピアノ研究グループ講師 川崎紫明

二年半ぶりに来日されたイスラエル・フィルの方々と共に過ごしました興奮の一週間、夜もねむれない日々でした。

九月二日、主人がイスラエル留学中に学びましたヤコブ・バルネア先生(クラリネット主席奏者)、同じくクラリネットのイスラエル・ゾハルさん御夫婦、長女香子がアメリカ・インディアナ大学で一年間学びましたホルン主席奏者のメイル・リモンさん等を我家にお招きいたしました。

スキヤキと天ぷらでパーティーをいたしましたが、とてもお気に入りで、上手にお箸を使われながらの一時。美しく仲睦まじいカップルに見とれながら、音楽の話に花が咲き、ハリウッドにいるような夢見る思いで過ごしました。

夕食後はヘブライ・ソングや日本の「赤とんぼ」「めだかの学校」などを歌ったりの交歓会となりました。クラリネットのヤコブさんがバッハのプレリュードを演奏して下さいましたが、ピアノも本当にお上手で、魂にしみ入る演奏でした。「自分にとっては楽器はおもちゃのようです」とおっしゃっていました。ますで坊やがパズルでも楽しんでいるような無邪気さで音楽に接しておられるのを見て、本当にうらやましく思いました。そこには自然の美しさ、心をとらえてやまない魅力があふれていました。

音楽は国境を越えて――と言われますが、音楽を通じて目と目を交わすだけで魂が一つに結ばれるような、深いきずなを感じました。

翌三日はフェスティバル・ホールで、マーラーの交響曲第九番を聴きました。巨匠バーンスタインのお姿は、舞を舞う天女のようにも映りました。指揮台を踏み鳴らし、リズムにのっておどり、その身の軽やかさに秘められた、ものすごいエネルギー。愛のほとばしりが、岩にあたってはくだけ散る水しぶきのように伝わって来るのです。激しい生命が満ち充ちていました。

曲の最後はppで終わりますが、両手を静かに静かに下ろしていかれるその瞬間瞬間、息をのむ一時でした。全聴衆も一体となって、空気も全てが芸術の中にとかされる時間でした。

おもむろに指揮台から下りてコンサート・マスターと抱擁しておられるお姿を見ながら、涙がとめどなくあふれ出ました。われるような拍手の中、オーケストラの方々の中に入って行かれ、次々楽団員の方々と握手され、ソロ・パートの方々を立たせておられる熱い愛の溢れるお姿を見て、魂を神に捧げ切って人々に奉仕しておられるような思いがいたしました。偉大な芸術家としての崇高な輝きが忘れられません。

翌四日は京都へお供しました。家族を残し、長い演奏旅行をしながら愛の足跡を残してゆかれるお一人お一人の心境を垣間見ながら、金閣寺の境内を歩きました。

夜は、バーンスタイン作曲「ハリル」。十九歳の若さで戦死していかれた天才フルーティストのために書かれた曲でした。また、ブラームスの交響曲の、うねるような弦の調和、音色の美しさは、豊かな波となって押しよせて来るような感動でした。

大阪公演の最終日、ハーピストのユディットさん御夫婦と共に、心斎橋などショッピングのお供をしました。特に着物には非常に関心を示され、「優雅だ、美しい」と連発しておられました。

存在しているだけで生命が満ち、周囲を包みこんでしまうような大きさ、豊かさ。また二年後の再開を約束して、涙と共にお別れしました。

鈴木先生の

音にいのち在り 姿なく生きて
音楽――それは生命のことば

が私の胸に大きく響きました。世界平和を祈ってやみません。

スズキメソード ~才能教育季刊誌より~

愛のシンフォニー

永遠にひびく愛のシンフォニー ―故バーンスタインを讃えて―(1990年)

ピアノ研究グループ講師 川崎紫明

巨匠バーンスタインの突然の訃報に接し、悲しみの涙があふれてなりません。指揮者として、作曲家として無限の可能性を秘め、天体の音楽をもたらして下さった偉大なる芸術家バーンスタインの死を悼み、心から御冥福をお祈り申し上げます。

今夏札幌で開かれたパシフィック・ミュージック・フェスティバルのオープニングで、バーンスタインは「私は残りの人生を何処に音楽と人々に尽くすことが出来るか選択を迫られています。神はベートーベンのピアノ・ソナタ全部を弾き返すことをお与えになるでしょうか。それとも作曲家である事のみに専念すべきなのでしょうか。いつもこの問題について考えています。結論は残されたエネルギーと時間を『教育』に捧げ、とりわけ若い人たちと出来るだけそれを分かちあうことでした。分かち合うことが出来るものは何でも、私の知る限りの音楽や芸術一般について、さらに芸術だけでなく芸術と人生の関係について、そして一人の人間であることを自覚し、自分を見つめて己を知り、自分に最もふさわしい仕事につくこと…」と語っておられますが、こんなに急に他界されるとは、本当に惜しまれてなりません。熱心なユダヤ教信者の家庭に生まれ、アメリカで育ったバーンスタインは、その豊かな人間性をもって音楽の中に生き、人々に貢献されました。

私が初めてバーンスタインに接しましたのは一九八五年、イスラエル・フィルハーモニーと共に来日、大阪フェスティバルホールでマーラーの交響曲第九番を指揮されたコンサートでした。そのときの感激と興奮は言葉に表わしようがない程でした。二千数百名の魂をゆるがし、魅了しつくしました。弦の重厚な響き、包まれるようなやわらかな音は、身体中にしみ入るようでした。曲が終わった後も皆感動の余り拍手することも忘れ、我に返った時は、誰彼となく舞台の方ににじり寄っていました。われるような拍手に答えられたバーンスタインの姿は神々しく輝いていました。その日の演奏はオーケストラと指揮者が渾然一体となっていました。イスラエル・フィルにとっては、バーンスタインは「父」のような存在であったと聞きますが、基礎固めの苦難の時期、イスラエル・フィルに献身的な情熱をそそがれたそうです。そのような人間性が生み出す音楽のすばらしさに触れることが出来ました。

しなやかな身体からほとばしる生命の力。フォルティッシモの所では指揮台の上で高くとび上がったり、足をふみならしたり、右に左にそのダイナミックな動きの中から「ここはこのように―。もっと大胆に―」という言葉が、叫びが聞こえてくるように感じました。それらは綿密な譜読みによる自信によって、あのような情感を表現できるのだと伺いました。演奏が終わった時、楽員たちの中に入って行かれ抱擁し、共に成し遂げたよろこびを分かちあっておられる姿はとても印象的でした。バーンスタインは、オーケストラのメンバーに対して、「私が知っている事はすべて、私が音楽に対して感じることはすべて、団員たちと共有しています。私は団員たちが私と一緒に感じ理解し、それを共に具体化していけるように導こうと試みています。これは皆で音楽を作り出す室内楽のようなものです。向こうは向こう、私は私と絶対に考えません。指揮者にとっての喜びとは、私にとっては彼らと共に呼吸することです。愛の体験と同じようなものです」と語っておられます。(ペーター・グラデンヴィッツ著『レナード・バーンスタイン』より)

これはオーケストラの世界だけでなく、今の時代にあって、私たち教育の場にあっても家庭にあっても、人間として理想の姿ではないでしょうか。私の次女は現在東京芸大ハープ科に在学中ですが、このコンサートの日に帰阪し花束を差し上げ、生涯に残る感激となりました。若きアーティストたちに残された数々のメッセージ、また火花を散らし、崇高な魂を燃焼し尽くして生きられた偉大な足跡に心から感謝を捧げ、天上での御冥福をお祈りいたします。

スズキメソード ~才能教育季刊誌より~

1 - 6 / 7 次へ >
サブメニュー

無料体験・お問合わせなどはこちらから…

電話番号045-593-5659
(10:00~19:00 / 日祝休み)

無料体験お申込み

お問合わせ

  • 紫明のひとりごと
  • 無料体験
  • お問い合わせ
  • 音符ビッツとは
  • 指導者養成講座
rss