1. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
  2. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
  3. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
ホーム » タグクラウド » 指導法

指導法

無料体験・お問合わせなどはこちらから…

電話番号045-593-5659
(10:00~19:00 / 日祝休み)

無料体験お申込み

お問合わせ

1 - 6 / 20 次へ >

指導者プロフィール

タグ:

ピアノ  教室  リトミック  音符  ビッツ  音楽  ハープ  レッスン  幼児  アサフ  横浜  音楽院  都筑区  横浜市  クラス  音楽教室  講師  先生  マリンバ  神奈川  スズキメソード  演奏  参加  川崎  指導  東京  イスラエル  コンサート  メソード  都筑  川崎紫明  奏者  教育  クラリネット  スズキ  コース  オーケストラ  教材  川崎紫明音符  指導者養成講座  指導者  開催  世界  伴奏  大阪  指導法  視覚  フィル  目指  asaph  発達  神奈川県  横浜市都筑区  中山  研究  カワイ  アノ  出演  音感  日本  関西  紹介  リサイタル  音楽教育  ドーマン  講義  ベルリン  活動  演奏家  講座  鈴木  発達段階  人間  ソロ  グループ  バッハ  合唱団  コンクール  聴覚  入賞  博士  千葉  フィルハーモニー  留学  サロンコンサート  楽器  非常勤講師  サロン  モーツァルト  クラシック  FM  ルービン  在学中  非常  脳開発  音楽指導  開発  NHK  神戸  エキストラ  才能  ホール  プロ  成果  協奏曲  環境  松本  人材  大脳生理学  合唱  受賞  グレン  音楽教室講師  紫明  制作  優秀  全日本  定評  演奏会  ヴァリエーション  四宮香子  アンサンブル  香子  シンフォニー  師事  洗足  統合  各地  松本市  モルナール  現在  会員  ハープコンクール  共演  山中恭子  合奏  鈴木鎮一先生  四宮  都内  公開  評価  管弦楽団  全国  1991  フランス  塩浜智子  幼児教育  交響楽団  シリーズ  学校  知能  フェスタ  音楽教材  段階  大学  回日本  長年  音楽大学  デンマーク  全人的教育  ビッツシリーズ  サイトウ  キネン  才能教育  渡米  ハープコングレス  ヨセフ  数多  感銘  新人演奏会  東京芸術大学音楽学部卒業  東京芸術大学  東京交響楽団  選出  川崎良一  国立  女史  全国各地  同大学大学院修士課程修了  インディアナ  年度国際芸術連盟新人賞  脳開発音楽教材  非常勤  イタリア  篠崎史子  レクチャー  帰国後  入学  倍増  関東  パラディアム  マスタークラス  協力  大阪音楽大学  国立芸術大学  洗足学園音楽大学  各氏  研究所  吉野篤子  輩出  神戸室内合奏団  メンバー  打楽器  マクドナル  養成  奏団  史子  ストラ  国際  院長  大学教授  デビューリサイタル  ニシュリ  児童合唱団  芸術  移転  music  オーケ  演奏活動  現代  科研究  科卒業  帰国  塩浜  多大  室内楽  実証  安田  協演  安田正昭  スーザ  ジュニア  マクドナルド  レッ  バルダ  教育連盟  パリ  鈴木鎮一  音楽教育家  コンチェルト  サイト  智子  音楽院講師  教授  音楽院院長  パーカッションアンサンブル  フェスティバル  ハーモニー  楽団  アカデミー  桐朋学園大学  正昭  www  村中和美  本部  現代音楽  東京芸術大学音楽学部  実施  年大阪  入団  優勝  合奏団  協会  卒業後  卒業  学園  姉妹  取得  ラジオ  高校  メソードピアノ  部門  目覚  研鑽  神奈川県横浜市  科指導  マスター 

ピアノ教室(都筑区、センター北)

ピアノ教室

音楽は人類へのかけがえのない贈り物だと思います。言葉がわからなくても世界中の人と通じ合える体験は、素晴らしいものです。

音楽を学ぶ事は、伝える喜び、共有する喜びを得る、貴重な財産となる事でしょう。

アサフ音楽院では、個性に応じて楽しく音楽が生活の一部となり、豊かな情操が育まれるように父兄、生徒、先生が連携して成果を上げています。

年1回のクリスマスコンサートの他に年2回ピアノパーティがあり、自分のレパートリーの中から自ら選曲して発表します。それは、より高度なテクニックの習得となると同時に楽しい意欲作りの場でもあります。

アサフ音楽院ピアノ教室には3つのコースがあります

ピアノ教室

特徴

院長 川崎紫明(かわさきしめい)により脳科学理論に基づいて開発されたオリジナル教材「音符ビッツ」によるソルフェージュ(音楽のよみかき、うたう)教育を 楽しく徹底して行います。

「絶対音感と読譜力」の習得、基礎能力が習得出来るのでピアノの練習が少なくてもしっかり実力が備わり、楽しく自習ができるようになります。

音楽は生命であり、力であります。

ピアノは楽器の王様。誰にでも親しまれるコミュニケーションの源です。

どうぞ気軽にアサフ音楽院をお訪ねください。

ピアノ教室 指導者

川崎紫明

院長川崎紫明(かわさきしめい)。スズキメソード指導歴45年。 功労賞を受賞。これまでに1000人を超える子どもたちを育てその卓越した指導法は名人芸と言われています。どんな子どもをも豊かな愛情で包み込み立派に育て上げます。詳しくはコチラ>>

四宮香子

副院長(長女)四宮香子(しのみやきょうこ)。スズキメソード、ピアノ科指導歴20年、母 紫明と共に「音符ビッツ」を制作、 音楽教育家としてそのにこやかな笑顔と優しさで 多くの父母の信頼を得ています。詳しくはコチラ>>

村中和美

村中和美(むらなかかずみ)。一般ピアノコースの指導者。10年以上にわたり当音楽院にてピアノ及び音符ビッツ教室の講師を務めています。子ども達が日々成長していく姿を見られることが喜びです。詳しくはコチラ>>

その他コース案内

応用コースを受講して3

「音楽を通して心豊かに育みたい。」という強い思い

上級コースは、赤ちゃんからの創造力を開花させる脳開発プログラムということで、とても楽しみにしておりました。脳の研究は、日々進歩しており、数年前に聞いていたこととは、違うことを耳にし、驚くこともしばしばです。最近では、テレビでも『脳科学』という言葉をよく耳にし、著名な脳科学研究者のかたも、コメンテーターとしてよくテレビに出てみえます。『脳科学』という言葉が、以前より身近になってきた気がします。
数年前より、音符ビッツで紫明先生より 赤ちゃんと脳の発達について教えていただいてきましたが、今回配っていただいたプリントに書いてあったように、0歳の時にシナプスの密度を増やせるだけ増やしておくことが大切 という内容に少し焦りました。 我が子のことや、自分の育児を思い出して、親としての働きかけはどうだったのだろうか・・・と、思い起こしていました。生後すぐに、すべての領域で脳を刺激し、働かせること。声をかけ、手間ひまをかけて、いろんな刺激を与えること。 これは、次世代を担う子供たちに周りの大人たちがしてあげられる大事なことだと思います。しかし、この事実を知らないお母さん、または、可愛い我が子にどのようにしたらよいのかわからないお母さんも多いのではないか・・・と思うのです。
早期教育とか、右脳を育てるとか赤ちゃんの内から通う教室ができてからもう何年にもなります。詳しくはわかりませんが、勉強のようなことをする早期教育では、あまり心を豊かに育むという感じはしませんでした。
しかし、この音符ビッツは、川崎紫明先生の「音楽を通して心豊かに育みたい。」という強い思い・・・先生の子供たちへの溢れんばかりの愛を感じます。べりなものと引き換えに、大切なものを失っている あるいは、失いかけている今の時代に、紫明先生が警鐘を鳴らしてみえるとも感じます。
音符ビッツとは、音符を酔える・リズムがわかるということができるようになるためだけのものではなく、カードで楽しく、繰り返し遊ぶことで、脳を鍛え、音楽で心豊かな人を育てていくことを目的とした素晴らしい教材であると思います。
そして、われわれが音符ビッツで指導していくに当たり、子供が心豊かに育っていくためのノウハウをお母さんたちに伝え、一緒に心をはぐくんでいく一助となるように努力をしていくことが重要であると思います。
今回の上級では、誕生から12カ月までのプログラムや、成長段階に応じた音符ビッツの効果的な使い方などを詳しく教えていただき、とても参考になりました。また、いろいろなヴァリエーションも どれも楽しく、早速グループレッスンで使ってみたいと思いました。また、私の教室のグループレッスンは、ピアノの個人レッスンのほかにやっているので、集中クラスの指導法が、とても参考になりました。まねっこから、聴き取り 書き取り そして、メロディで聴き取り 書き取り 作曲まで発展していく指導法に感銘を受け、私も この先 もっと勉強して、子供たちにより良い指導が出来るようになりたいと思いました。
また、研究発表では 工夫をこらした教材の作り方や、材料などを教えていただき とても参考になりました。岡山の幼稚園での音符ビッツの実践報告では、以前からとても興味があったので、写真を見せていただき、実際に指導していらっしゃる線瀬うの報告が聞けて、とても良かったです。また、岡山や京都、大阪などの熱心な先生方にお会いでき、パワーをいただきました。

今、私の教室では小学生までの多くの生徒に音符ビッツを 購入してもらっていますが、小学生になると なかなか家で毎日はやれないようです。そのため、ピアノのレッスンの前後に少し読むなどしています。そして、月に一回のグループレッスンをしています。皆、グループレッスンをとても楽しみにしています。 今、ベビーを初め 小さい生徒があまりいないので、今後は、他の先生たちと地元のワークショップの開催に向けて 話し合う場を持っていきたいと思います。ワークショップで、音符ビッツという素晴らしい教材があることを、まず広めていきたいです。 そして、少しでも小さいうちから音符ビッツに親しんでくれる親子を多くしていきたいと 思っています。

服部 由己

イスラエルでの講演

イスラエルのルービン音楽院での講演(1981年)

ピアノ研究グループ講師 川崎紫明

二月二十四日、イエス・キリストの聖地であるイスラエルへ、マクヤ・グループの方々百五十名と共に旅立ちました。エジプトのピラミッド、スフィンクスなど当時の歴史を偲びながら、イスラエルの南部農園に入国しました時は、縁したたる野辺に咲く花々、荒地を見事に開拓され、見渡す限りの耕地に生き生きと芽吹く作物を目の前にして、建国イスラエルのエネルギッシュな生命感を覚えたことでした。地中海に面した紺碧にさえわたるエンゲディを前にして、またガリヤラ湖畔の静けさに包まれて、まるで絵巻物を見るような美しさに、夢見る者のようでありました。至る所感動の日日を過ごすことが出来ました。

三月四日には、エルサレムのルービン音楽院に招かれ、スズキ・メソードの講演会をいたしました。ルービン音楽院には、長女香子が留学中で、現在大学部の二年生です。香子のピアノの先生であるタルマ・コーヘン先生が非常にスズキ・メソードに関心を持っておられ、お母さんがイスラエルに来られるのだったら、ぜひ講演会を―との強い要望があり、その運びとなりました。

ルービン音楽院は、コンセルバトワール(小・中・高生)とアカデミア(大学部)に分かれていますが、講演会は先生とアカデミアの学生を対象に行われました。約二百人くらいの方々が集われました。

ルービン・アカデミアでは、毎週水曜日には十二時より二時まで世界各国からの演奏家のコンサートとか公開レッスンが持たれており、非常に多彩な幅広い場が提供されています。そのような授業の一環に加えられましたことは、本当に光栄であり、責任重大な使命を覚えました。鈴木先生の「愛に生きる」「母国語の教育法と能力の法則」を基として、講演の要旨をまとめました。三人の生徒さん方に、スズキ・メソードの曲を練習しておいていただき、実演しながら指導法を公開いたしました。通訳には、日本音楽研究家で、テルアビブ音楽大学とルービン音楽院で教鞭をとっておられ、論文も数多く書いておられる有名なウィリ・エプシュタイン先生にしていただきました。日本語はとてもお上手で、スズキ・メソードもくわしく御存知であられ、「子供たちをスズキ・メソードで育てたかったけれど、先生がいないために年をとってしまった」などおっしゃっておられました。講演の前にホテルで充分内容の打合せを行い、くわしく説明し、よく理解いただけたことは、とてみ感動でした。外国で講演する場合、文法が正しく使われていなければ通訳がやりにくいとのことで、香子からかなり日本文を訂正されていましたが、実際に話し出しますと、口から出てくるままに、原稿もそっちのけで、しゃべってしまい、ずいぶんエプシュタイン先生に助けられることが多かったと思います。先生の御協力を得て、大成功を収めることが出来ました。特に、最初の「キラキラ星変奏曲」は初歩的導入としては、全くすばらしいですね。時間をかけて、何カ月もかかって、ていねいに磨いてゆく過程を説明しました時には皆、本当に感心しておられる様子でした。

本部よりお送りいただきました六歳の子供さんのモーツァルト、ソナタ・K三三一のテープをかけました折には、驚きの声があがり、一瞬会場が静まりかえりました。この子供は天才ではないか?と質問された方がございました。また、私は二女かぐやを育てて参りました経験に基づき、どんな質問にも応じることが出来、また体験談が非常にアピールしたようでございました。よく鈴木先生が十年計画と申されますが、十年を経た今、しみじみと先生のお言葉が身にしみ、その成果のすばらしさに感動を覚えることでございます。

講演が終わりましてからも、なお多くの方々がつめかけて来られ、ナルキス・エステル先生からは、キスぜめにあいました。

世界各国に、どんどん広まりつつありますスズキ・メソードを、イスラエルの地にも伝えることが出来、本当にうれしいことでした。

三月六日には、私のためにタルマ・コーヘン先生が、香子のレッスンをして、見学させて下さいました。ショパンのバラード、モーツァルトのソナタ、フランクのコンチェルト等、レパートリーの曲を次々演奏させ、その成長ぶりを見せて下さいましたが、先生の熱いお心に、感動いたしました。日本におりました当時とは全く異なり、深みのある芸術的な感覚がキラキラと輝くようにほどばしる演奏を聴かせてくれましたが、先生の御指導のすばらしさに感謝は尽きませんでした。

その後、ピアニストのパルダ・ニシュリさんを御訪問いたしました。パルダさんはバッハを弾くことにおいては、世界で五指に数えられるほど有名な方です。香子もバッハを学んでいますが、田中希代子さんと、パリ音楽院の頃、無二の親友であられたそうで、殊のほか私たちの来訪をよろこんで下さいました。高い音楽の世界に身をよせるようにして、高貴な雰囲気をたたえておられました。コンサートの前日であられたにもかかわらず、四時間余りも対話がはずみ、束の間のように思えました。「私たち二つの家族の出会いは、神様の導きであり奇跡に近い事です」と言われ、魂の共鳴を覚えて、ただじっと座っているだけでも、熱い心の交流を感じあえる一時でした。

この文の最後にあたり、部分的ではありますが、バルダ・ニシュリさんのお言葉を思い出してみました。

  • 「バッハの作品は、神の声といわれていますが、聖書をアカデミックな大学で勉強すると、アカデミックな面だけが強調されてしまうが、聖書の勉強で大切なのは、信仰である。それと同じように、音楽の勉強の場合も、テクニックを教えてゆくけれども、大切なのは、音楽への接し方であって、バッハにたどりつきにくいでしょう。」
  • 「神を求めるということは、音楽を勉強する者にとっては、非常に高い段階である。私がしばしば霊感を得ることの出来る書物の中で、ラビ・ナハマンはこう言っている。『世界はオルゴールのようなもである。草木の一つにでも、音楽を奏でているのをきくことが出来る。全てのものが音楽をもっている。音楽家にとっては、一人で自然に出てゆき、神の声を聞くことが非常に大切である。』」
  • 「古典音楽には色々あるけれども、音楽と信仰が一番高い所に達しているのがバッハであると思う。現代のように問題の多い時代にあって、バッハを弾くということは、大きい価値があると思うし、弾くことが大切であると思う。私にとっては、モーツァルトはお母さんを感じさせ、バッハは神を感じさせる。」
  • 「信仰の世界と音楽の世界、この二つの世界があるけれども、この二つを一つにするための努力、苦労は沢山重ねなければならない。それを通じて、より強い人間となることが出来るでしょうし、それを願う強い意志を持つことが大切である。今の学校などで、魂の事と技術の事が、全く離れている断層を悲しく思う。」

バルダ・ニシュリさんの深い音楽への愛、神への愛が、指先からほとばしり、人々の魂にうったえてならない。最後に言われました、音楽は技術ではない、愛である、と

スズキメソード ~才能教育季刊誌より~

タグ:

ピアノ  音楽  レッスン  音楽院  子供  講師  先生  生徒  演奏  大切  川崎  体験  出来  時間  指導  イスラエル  コンサート  メソード  川崎紫明  教育  スズキ  能力  世界  自然  指導法  言葉  成長  研究  アノ  日本  鈴木先生  出会  会場  本当  演奏家  鈴木  講演  理解  人間  内容  グループ  バッハ  キラキラ  経験  練習  留学  モーツァルト  オルゴール  ピアニスト  様子  感動  ルービン  非常  家族  テクニック  成果  紫明  勉強  授業  香子  雰囲気  星変奏曲  レパートリー  現在  上手  公開  関心  年生  当時  テープ  学校  有名  パート  時代  最後  最初  努力  感謝  作品  段階  大学  歴史  音楽大学  実際  幅広  講演会  導入  多彩  生命  数多  感覚  過程  部分  学生  ショパン  一時  アカデミア  二女  長女  ソナタ  コーヘン  協力  技術  コンセルバトワール  質問  音楽家  ニシュリ  アカデミック  芸術  沢山  水曜日  現代  見学  留学中  使命  信仰  交流  問題  外国  夢見  対象  母国語  レッ  感心  バルダ  タルマ  パリ  教育法  通訳  長女香子  日本語  コンチェルト  書物  提供  パルダ  法則  エルサレム  キリスト  本部  エプシュタイン  エネルギッシュ  六歳  光栄  充分  変奏曲  天才  意志  ホテル  世界各国  三人  見事  絵巻物  部分的  聖書  説明  責任 

スズキ・メソードと共に

スズキ・メソードと共に(1991年)

ピアノ研究グループ・川崎クラス 篠原 緑

スズキ・メソードとの出会い

私の娘・歩がスズキ・メソードと出会ったのは、二歳をすぎたところです。それまでは、お恥ずかしいことに、あまり知りませんでした。私自身が子供の頃に使ったバイオリンとバイオリンの教則本が「鈴木」であったというぐらいです。

近所の人に「スズキ・メソード」の教室の話をすると、本も出版されている有名な指導法だと教えてくれました。私は学生時代、オーケストラのクラブに入っていましたので、我が子には是非ピアノを、そして一緒に合奏できたらと思っていました。そこで、すぐ近所の人と一緒に、大阪府富田林市にある川崎紫明先生の教室に通い始めました。

教育関係に携わっています私は、「どの子も育つ」という鈴木先生のお考えに同感でした。そして知れば知るほど、ひかれていきました。しかし仕事をもっている私が、ずっと続けてこられたのは、二女の誕生で休暇がとれて、このチャンスを生かせたこと。また、近所のお友達である越後さんが、ご自分のお子さんと一緒にうちの子もグループレッスンに連れていってくれたからです。

母と子の音楽サロン

一茶の俳句カルタを二、三歳の子どもが百句も暗唱するなんて、と驚きと感激でいっぱいでしたが、回を増すごとに着実に覚えていく長女を見て、子供のもつ可能性のすばらしさを改めて発見しました。でも少しでもやらないと忘れるのも早い、ということも分かりました。

音符をチューリップの形で貼ったり、リズム遊びをしたり、親子で楽しみながら、知らないうちに読譜でき、リズム感もつき、音程が正しくとれるようになっていくのは驚きでした。引きつづき音感クラスに進みましたが、和音をとるのも付き添いの母親以上です。私は子どもについていき、一緒に同じ音をきいて四年程たちますが、音を正確にとれません。子どもの方は、#でも♭でも何の苦もなく聴きとってしまうのです。「より早き時期に聞き続けさせる事の大切さ」「適切な指導を受ける事の重要さ」を実感しています。

ピアノのレッスン

長女が三歳の誕生月から、憧れていたピアノのレッスンを受けることになりました。私自身、時間にゆとりがあれば今からでもピアノのレッスンを受けたい…この気持ちを娘に託しているのです。

レッスンしている曲を繰り返し繰り返し聴き、練習しています。

年齢が低い時ほど、学校などで拘束される時間が少なく、レッスンに充分時間をあてることができ、吸い取り紙が水を吸収するように吸収してくれました。しかし、年齢が高くなるにしたがって、学校やその他のことで時間がとられ、なかなか思うようにレッスンに時間をかけられなくなってきています。その上「スランプ」があります。これは「子は親の鏡」という言葉どおり、私が仕事で忙しくなると必ずと言っていい程あるのです。私の方の気持ちにゆとりがなくなり、頭の中では「急がず、怒らず」とよく分かっているのですが、人間というのは弱いものです。

こんな時、夫がブラーキの役目をしてくれます。私のカリカリした気分を落ちつかせ、長女をなぐさめ、励ましてくれます。

よき指導者 川崎先生

「よき師」――本当にこのとおり、我が子をはじめとし、子どもの心と母親の心理まで見抜かれる川崎先生にご指導を受ける事ができ、心より感謝しております。一貫して「優しく」、頭ごなしに怒らず、子供の気持ちをくみとって、その思いを受け容れる寛さに、私が教育関係の仕事をしているうえにも学ぶことろが多いのです。ピアノのレッスンは、毎回真剣で一曲ごとにテクニックの基礎作りが厳しいですが、グループレッスンはとても楽しく、それぞれの出番をいい時に与えて下さり、個性が充分に生かされるご指導で、おっとりタイプの歩を生き生きとして授業を受けています。

川崎先生の温和なお人柄、周りの人々を包み込まれるような優しい話し方にふれるたびに、忙しすぎて心がすさむことのある私は、我が子に対する接し方で「これでは、この子のためによくないのでは…」と自分自身を考えさせられます。

幼児能力のコンサートに参加して

去る三月十日、松本市で開かれたコンサートに出場させていただき、モーツァルトのトルコ行進曲を演奏いたしました。実は、この時期、私が一年中で一番忙しく睡眠時間を減らして時間を生み出している大変な頃でした。それに全国から集まる演奏会ということで、歩の能力で大じょうぶかしらとの母親の心配をよそに、歩が「ぜひ出たい」、夫も「代わりに松本まで連れていってもいい」ということで出場させいただく決心をしました。こんなに責任の重いコンサートに出るからには、普段のような練習でいいわけはありません。ただ弾けるだけではだめということで、普段は学童保育へ行っているのですが、学校が終わるとすぐに家に帰り、私が帰宅するまでひとりで練習しテープにふきこみ、私が帰宅後、そのテープを聴いて、なおし、また練習する日が続きました。川崎先生にも何回も見ていただきました。六歳の子が一オクターブとどかない小さな手で必死で音を間違えず弾いている姿には、母親の私でも感動を覚えます。

コンサート当日の朝は早く家を出、電車を何回も乗りつぎ、とても疲れたと思います。本番前の娘の不安げな顔を見ると、とても心配でした。でも弾き始めると、だんだん落ち着いた様子で、弾き終えた後は何ともいえない美しい顔をしていました。本当に満足げで充実感を味わっているようでした。

こんな娘をみて、「ああ、音楽の世界って何とすばらしいのだろう」と感激で胸がが一杯でした。本番前に鈴木先生が娘と握手して下さったのですが、その感激とぬくもりが今でも心に残っております。

ピアノ科に引きつづいてヴァイオリンの生徒さんの独奏・斉泰を聴かせていただきましたが、本当にすばらしいものでした。幼児に可能性があれ程まで引き出され、能力が育つものであるという事を知り、深く感銘を受けて松本を後に帰路につきました。

どの子も育つことを信じて

この言葉は、我々母親に勇気を与えてくれます。そして私がこの言葉を信じ、これからも、その子に合ったスピードで毎日こつこつと積み重ねていこうと思っています。

ピアノを通じて、多くの貴重な体験をする場が与えられ、また私たちの家庭に幸と生きる喜びをもたらして下さっている事を思い、鈴木先生、川崎先生に心より感謝いたします。

スズキメソード ~才能教育季刊誌より~

タグ:

ピアノ  教室  音符  音楽  レッスン  幼児  子供  クラス  先生  リズム  生徒  演奏  大切  参加  川崎  体験  時間  指導  電車  和音  コンサート  メソード  川崎紫明  教育  スズキ  母親  オーケストラ  指導者  能力  世界  大阪  指導法  言葉  読譜  親子  可能  ヴァイオリン  年齢  基礎  一緒  バイオリン  研究  アノ  音感  鈴木先生  可能性  自分  時期  川崎先生  出会  本当  グループレッスン  鈴木  人間  家庭  グループ  毎日  友達  練習  サロン  モーツァルト  紫明先生  様子  感動  独奏  テクニック  松本  紫明  個性  演奏会  授業  重要  三歳  富田林  仕事  松本市  合奏  気持  貴重  以上  川崎紫明先生  全国  実感  テープ  学校  有名  時代  感謝  正確  私自身  富田林市  大変  感激  感銘  不安  スピード  学生  何回  自身  二女  長女  普段  発見  クラブ  吸収  真剣  近所  ストラ  タイプ  チャンス  握手  一杯  心配  オーケ  間違  誕生  役目  二歳  当日  是非  レッ  プレ  音程  適切  スランプ  教則本  教育関係  満足  決心  カルタ  本番前  関係  出場  六歳  俳句  充分  大阪府富田林市  基礎作  誕生月  責任 

A スズキメソードコース(3才~中高生)

スズキメソードコース(3才~中高生)について

スズキメソードコース(3才~中高生)

世界48カ国に及ぶスズキメソードによる指導法を行っています。

3才から始めることができ、驚異的な能力を楽しく身につけることができます。

スズキメソードは「どの子も育つ育て方ひとつ」による母語教育法で、盛んに教材のCDを聴くことにより耳から音楽的センスを養います。

世界に羽ばたく多くの優秀な人材を輩出しています。

スズキメソードコース

また、当院の読譜のためのオリジナル教材「音符ビッツ」での学習を同時に行うことにより、目と耳の効果で楽しみながら脳力アップ!

 音楽だけでなくあらゆる分野で、優れた能力が発揮できるようになります。

レッスン詳細

料金 8,000円 ~ /月額
※個人によって異なります。詳しくはお問い合わせください。
レッスン回数 月 3回

1 - 6 / 20 次へ >
サブメニュー

無料体験・お問合わせなどはこちらから…

電話番号045-593-5659
(10:00~19:00 / 日祝休み)

無料体験お申込み

お問合わせ

  • 紫明のひとりごと
  • 無料体験
  • お問い合わせ
  • 音符ビッツとは
  • 指導者養成講座
rss