1. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
  2. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
  3. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院

芸大

無料体験・お問合わせなどはこちらから…

電話番号045-593-5659
(10:00~19:00 / 日祝休み)

無料体験お申込み

お問合わせ

1 - 2 / 2

音符ビッツ リトミック教室

音楽で楽しく育脳

音符ビッツ教室

アサフ音楽院のオリジナル教材「音符ビッツ」は、脳科学プログラムに沿って作られた、音から脳を育てる「ストレスフリー」な新感覚育脳メソードです。

リトミックと併せて、楽しく遊びながら知性を育みます。

なぜ0歳から音符をみせるの?

脳の発達は環境が大きな役割を果たします。脳の機能によっては臨界期があります。臨界期というのは発達の過程で、その時期を過ぎると進まなくなる時期のことで、特に視覚中枢の臨界期は、3、4歳までとされています。その脳科学理論に基づいて、赤ちゃんに適した大きな図柄の音符を見せて、視覚の回路を開きます。

ドレミも母語のように

ドレミも母語のように

大きな図柄の音符ビッツは、読譜の習得をスムーズに進める基礎となります。基礎がしっかりしていると、あとの発達がスムースになり、文章が読めるのと同じように楽譜もすらすらと読めるようになります。

 

音符ビッツの特色は

  1. シンプルであること
  2. 楽しく遊びをともなった教材であること
  3. リズミカルであること

音符ビッツの目的

音符ビッツの目的

  1. 読譜と絶対音感の習得
  2. 集中力と記憶力
  3. 知性と感性を磨く
  4. 楽しく・創造力を開花させる
  5. 音楽による脳開発

音符ビッツ学習法とは

毎日速読トレーニングをくり返すことによって、驚くほど集中力がつき、音符もすらすらと読める様になります。

ビッツカードを手でめくりながら、目で見る、耳で聴く、口で読む、指でなぞりながら歌う、それらをリズムに乗って繰り返す・・・この五感を使っての「音符速読法」は脳の諸野を総動員させ、あらゆる機能を高めます。

又、リトミックやさまざまな遊びをともなった学習が出来、アイデアが湧き出て、楽しい!と実感します。

そして読譜だけでなく、相乗効果を生みあらゆる教科の学習の上にもすばらしい能力が発揮できるようになります。 勿論ピアノやヴァイオリン、又管楽器、ブラスバンドのアンサンブルなどの上達、演奏、技術の向上の大きな助けとなる事でしょう。

 

豊かな心と脳を育む音符ビッツリトミック

アサフ音楽院院長 川崎紫明

    ♪川崎紫明先生にお話を聞きました♪

音楽は大好きなのに、「楽譜を読むのが苦手」という人が何と多い事でしょう。実は私もその一人でした。

「何とか楽しくすらすら楽譜が読めるようになる指導をしたい」との切なる思いで研究を重ね、多くの生徒さんの協力を得て生まれたのが「音符ビッツメソード」です。

みんな音楽が大好きになり、音感が付き、音符が読めるようになり、いつしか「音楽のディズニーさん」と呼んでいただく程になりました。

皆、初見の段階で時間がかかるのですが、音楽の三要素であるメロディ・リズム・ハーモニーの基礎が幼少時より楽しく学べる音符ビッツリトミックは、豊かな心と脳を育みます。

アサフ音楽院院長 川崎紫明

推薦のことば

東京藝術大学講師 高橋 千佳子

音符ビッツの素晴らしさは、脳の中の作業順序としてまず音符が読めていると、リズム、音の高さを探る作業にゆとりをもって没頭できる点にあります。

楽譜を絵の様に読む。私は音符ビッツをどの講演会にも持ち歩いて…詳しくはコチラ>>

音符ビッツで学習された方々

東京大学、東京芸大、東京音大、武蔵野音大、京都芸大、大阪音大、大阪芸大、大阪大学、京都大学、奈良医科大学、広島大学、関西大学etc...優秀な生徒が輩出され、社会に貢献しています。

音符ビッツの教室

タグ:

ピアノ  教室  リトミック  音符  ビッツ  音楽  アサフ  音楽院  講師  先生  リズム  楽譜  生徒  演奏  川崎  出来  時間  指導  東京  感性  メソード  脳科学  川崎紫明  カード  教材  能力  上達  大阪  絶対音感  視覚  asaph  発達  学習  読譜  集中力  onpubits  ヴァイオリン  基礎  研究  アノ  プログラム  音感  関西  速読  ビッツリトミック  時期  素晴  オリジナル  学習法  集中  臨界期  講演  機能  創造力  五感  開花  毎日  効果  目的  記憶力  楽器  大好  ビッツカード  紫明先生  脳開発  開発  プロ  トレーニング  環境  回路  習得  紫明  優秀  ドレミ  アンサンブル  京都  広島  推薦  脳科学理論  貢献  川崎紫明先生  役割  実感  社会  音大  段階  大学  発揮  スムーズ  トレ  etc  講演会  感覚  過程  向上  コチラ  育脳  知性  ビッツメソード  協力  要素  図柄  ブラスバンド  輩出  技術  諸野  院長  視覚中枢  アイデア  芸大  music  総動員  苦手  理論  作業  初見  勿論  ストレス  シンプル  メロディ  ストレスフリー  ディズニー  音楽院院長  教科  バンド  ハーモニー  www  没頭  特色  onpu  東京藝術大学講師  作業順序  千佳子  高橋  bits  三要素  記憶  科学  母語 

愛のシンフォニー

永遠にひびく愛のシンフォニー ―故バーンスタインを讃えて―(1990年)

ピアノ研究グループ講師 川崎紫明

巨匠バーンスタインの突然の訃報に接し、悲しみの涙があふれてなりません。指揮者として、作曲家として無限の可能性を秘め、天体の音楽をもたらして下さった偉大なる芸術家バーンスタインの死を悼み、心から御冥福をお祈り申し上げます。

今夏札幌で開かれたパシフィック・ミュージック・フェスティバルのオープニングで、バーンスタインは「私は残りの人生を何処に音楽と人々に尽くすことが出来るか選択を迫られています。神はベートーベンのピアノ・ソナタ全部を弾き返すことをお与えになるでしょうか。それとも作曲家である事のみに専念すべきなのでしょうか。いつもこの問題について考えています。結論は残されたエネルギーと時間を『教育』に捧げ、とりわけ若い人たちと出来るだけそれを分かちあうことでした。分かち合うことが出来るものは何でも、私の知る限りの音楽や芸術一般について、さらに芸術だけでなく芸術と人生の関係について、そして一人の人間であることを自覚し、自分を見つめて己を知り、自分に最もふさわしい仕事につくこと…」と語っておられますが、こんなに急に他界されるとは、本当に惜しまれてなりません。熱心なユダヤ教信者の家庭に生まれ、アメリカで育ったバーンスタインは、その豊かな人間性をもって音楽の中に生き、人々に貢献されました。

私が初めてバーンスタインに接しましたのは一九八五年、イスラエル・フィルハーモニーと共に来日、大阪フェスティバルホールでマーラーの交響曲第九番を指揮されたコンサートでした。そのときの感激と興奮は言葉に表わしようがない程でした。二千数百名の魂をゆるがし、魅了しつくしました。弦の重厚な響き、包まれるようなやわらかな音は、身体中にしみ入るようでした。曲が終わった後も皆感動の余り拍手することも忘れ、我に返った時は、誰彼となく舞台の方ににじり寄っていました。われるような拍手に答えられたバーンスタインの姿は神々しく輝いていました。その日の演奏はオーケストラと指揮者が渾然一体となっていました。イスラエル・フィルにとっては、バーンスタインは「父」のような存在であったと聞きますが、基礎固めの苦難の時期、イスラエル・フィルに献身的な情熱をそそがれたそうです。そのような人間性が生み出す音楽のすばらしさに触れることが出来ました。

しなやかな身体からほとばしる生命の力。フォルティッシモの所では指揮台の上で高くとび上がったり、足をふみならしたり、右に左にそのダイナミックな動きの中から「ここはこのように―。もっと大胆に―」という言葉が、叫びが聞こえてくるように感じました。それらは綿密な譜読みによる自信によって、あのような情感を表現できるのだと伺いました。演奏が終わった時、楽員たちの中に入って行かれ抱擁し、共に成し遂げたよろこびを分かちあっておられる姿はとても印象的でした。バーンスタインは、オーケストラのメンバーに対して、「私が知っている事はすべて、私が音楽に対して感じることはすべて、団員たちと共有しています。私は団員たちが私と一緒に感じ理解し、それを共に具体化していけるように導こうと試みています。これは皆で音楽を作り出す室内楽のようなものです。向こうは向こう、私は私と絶対に考えません。指揮者にとっての喜びとは、私にとっては彼らと共に呼吸することです。愛の体験と同じようなものです」と語っておられます。(ペーター・グラデンヴィッツ著『レナード・バーンスタイン』より)

これはオーケストラの世界だけでなく、今の時代にあって、私たち教育の場にあっても家庭にあっても、人間として理想の姿ではないでしょうか。私の次女は現在東京芸大ハープ科に在学中ですが、このコンサートの日に帰阪し花束を差し上げ、生涯に残る感激となりました。若きアーティストたちに残された数々のメッセージ、また火花を散らし、崇高な魂を燃焼し尽くして生きられた偉大な足跡に心から感謝を捧げ、天上での御冥福をお祈りいたします。

スズキメソード ~才能教育季刊誌より~

1 - 2 / 2
サブメニュー

無料体験・お問合わせなどはこちらから…

電話番号045-593-5659
(10:00~19:00 / 日祝休み)

無料体験お申込み

お問合わせ

  • 紫明のひとりごと
  • 無料体験
  • お問い合わせ
  • 音符ビッツとは
  • 指導者養成講座
rss