1. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
  2. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
  3. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院

親子

無料体験・お問合わせなどはこちらから…

電話番号045-593-5659
(10:00~19:00 / 日祝休み)

無料体験お申込み

お問合わせ

1 - 6 / 12 次へ >

親子で楽しむ音符ビッツリトミック

日時 11月2日(土)10;00~ 「親子で楽しむ音符ビッツリトミック」
場所 横浜市中原市民館 視聴覚室にて
講演 川崎 紫明 (かわさき しめい)
テーマ 「脳科学から見た新しい感性教育」
主催 川崎市教育委員会
企画 NEXTパパ塾2013

川崎紫明音符ビッツ サマースクール&特別講座開催in横浜

富士西湖にて予定していた音符ビッツサマースクールは、都合により新横浜プリンスホテルにて開催の運びとなりました。

初めての方の為のワークショップ、アサフ音楽院生によるレッツ・チャレンジ、ベビークラス、幼児クラス、集中クラス、作曲発表、ピアノ、ハープ演奏など、楽しさ満載!

特に今回は、指導者養成講座の特別講座として参加なさる先生方と生徒さん親子、お友達同士など、皆が一体となって楽しい参加型体験学習会です。

音符ビッツリトミックなど、脳をフルに使ってきっとリフレッシュされる事でしょう。

日時 2013年7月22日  13:30~16:30
場所 新横浜プリンスホテル 4F
一般参加費 ベビー、幼児(親子) 3000円 一名追加 1500円
小学生以上(親子) 3500円 一名追加 2000円
指導者及び教育関係者参加費 7月22、23日両日 14000円
22日 ワークショップ   7000円 (夕食会、宿泊別途)
23日 特別講座      7000円

詳しくは別紙をご覧下さい。

お申し込みは下記 アサフ音楽院まで
FAX又はメールにて

FAX 045-592-8617
e-mail asaph@onpubits.jp

◎一般の方はこちら 
◎指導者養成講座の特別講座はこちら 

「第2回かるがもフェスタ」にアサフ音楽院音符ビッツ教室が出展します

0歳から未就園児のための「あそびば・まなびば」さがし「第2回かるがもフェスタin港北ニュータウン2012」
アサフ音楽院音符ビッツ教室が出展いたします。 夏休み最後の週末、親子連れでどうぞお楽しみ下さい。

  • 音符ビッツ教室のイベント発表:
      8/25(土) 15:00〜15:30
      8/26(日) 12:00〜12:30/15:00〜15:30
  • 会場: ノースポートモール 2F センターコート 地図 »

♪かるがもフェスタ出展の様子をブログで紹介しています »

基礎講座を受講して

マンネリ化した教室に光が

私は、この川崎紫明先生音符ビッツとの出会いより、まず導入期がいかに大切かということを学びました。

これまで、導入期などというものは、遠回りのような気がしていて、とにかく、ド・レ・ミと覚えさせればいいものだとしか考えていませんでした。

よって、指導者である私も生徒も、レッスン時間が長く苦痛に感じられるマンネリ化した教室でした。

それが、このセミナーを受講するようになり、光が差し込んできました。レッスン中に、私も生徒も笑顔が増えました。

子ども達の生き生きとした目を見られるようになりました。

子ども達の集中力を大切にしたこのレッスンは、集中力が途切れる間もなく、音符ビッツ・和音ビッツ・リズムビッツと次々に一緒に遊びます。このために、指導者として、前準備の大切さを学びました。

今までのレッスンのように、もたもたしていられない。

1時間ほどのレッスンの内容を半分にすることができました。しかも密で濃いものに。

指導者も生徒も満足感と達成感で気持ちよくレッスンを終えられます。

音符やリズムを、ゲーム感覚で自然に覚えられるというのは、目からウロコでした。

中でも、リズムビッツは、可愛い動物の絵と鳴き声で学ぶ方法は、大人でさえもとりこになります。

まだ、言葉もままならない2、3才の幼児は、とても教えられないと思っていましたが、このセミナー受講によって自信がわいてきました。

最近、2才の生徒が通ってくれるようになりましたが、レッスンの吸収力、記憶力には、目を見張るものがあり、驚きと感動です。

また、同じ小学一年生の生徒二人に、一人は、プレ音符ビッツのみから、もう一人はCDのみからのレッスン開始を試みてみました。すると、CDから入った生徒は、ド・レ・ミは言えませんが、CDに合わせて口ずさむことが出来ました。

五感の回路は別々なので、それぞれの働きをしており、ある時は聴覚が優先し、ある時は視覚が優先してお互いに優先しあって能力を生み出すという意味がわかった気がします。

脳科学者の茂木健一郎先生は、

「人間の中で一番大切な臓器が脳である。」

「脳は、感性を生み出す臓器である。」

とおっしゃっている。

最近、脳トレ・脳活・右脳・左脳とよく耳にします。

この音符ビッツは、脳の発達に伴いながら、無理なく自然に身につけられることが嬉しいです。

「楽しく・大きく・くり返し」なのです。

また、母子関係にも深い役割を果たしています。

わが子を抱っこしたり、膝の上に乗せたりのスキンシップを測りながら、親子で学ぶ姿勢が素晴らしいです。

茂木先生は、「子どもは、母親との関係性の中で、自我を確立していく」ともおっしゃっています。

愛情豊かな音符ビッツ教育こそが、今、ゲーム世界に埋もれている現代の子どもたちに大切な教育ではないだろうか。

後藤彰子

応用コースを受講して3

「音楽を通して心豊かに育みたい。」という強い思い

上級コースは、赤ちゃんからの創造力を開花させる脳開発プログラムということで、とても楽しみにしておりました。脳の研究は、日々進歩しており、数年前に聞いていたこととは、違うことを耳にし、驚くこともしばしばです。最近では、テレビでも『脳科学』という言葉をよく耳にし、著名な脳科学研究者のかたも、コメンテーターとしてよくテレビに出てみえます。『脳科学』という言葉が、以前より身近になってきた気がします。
数年前より、音符ビッツで紫明先生より 赤ちゃんと脳の発達について教えていただいてきましたが、今回配っていただいたプリントに書いてあったように、0歳の時にシナプスの密度を増やせるだけ増やしておくことが大切 という内容に少し焦りました。 我が子のことや、自分の育児を思い出して、親としての働きかけはどうだったのだろうか・・・と、思い起こしていました。生後すぐに、すべての領域で脳を刺激し、働かせること。声をかけ、手間ひまをかけて、いろんな刺激を与えること。 これは、次世代を担う子供たちに周りの大人たちがしてあげられる大事なことだと思います。しかし、この事実を知らないお母さん、または、可愛い我が子にどのようにしたらよいのかわからないお母さんも多いのではないか・・・と思うのです。
早期教育とか、右脳を育てるとか赤ちゃんの内から通う教室ができてからもう何年にもなります。詳しくはわかりませんが、勉強のようなことをする早期教育では、あまり心を豊かに育むという感じはしませんでした。
しかし、この音符ビッツは、川崎紫明先生の「音楽を通して心豊かに育みたい。」という強い思い・・・先生の子供たちへの溢れんばかりの愛を感じます。べりなものと引き換えに、大切なものを失っている あるいは、失いかけている今の時代に、紫明先生が警鐘を鳴らしてみえるとも感じます。
音符ビッツとは、音符を酔える・リズムがわかるということができるようになるためだけのものではなく、カードで楽しく、繰り返し遊ぶことで、脳を鍛え、音楽で心豊かな人を育てていくことを目的とした素晴らしい教材であると思います。
そして、われわれが音符ビッツで指導していくに当たり、子供が心豊かに育っていくためのノウハウをお母さんたちに伝え、一緒に心をはぐくんでいく一助となるように努力をしていくことが重要であると思います。
今回の上級では、誕生から12カ月までのプログラムや、成長段階に応じた音符ビッツの効果的な使い方などを詳しく教えていただき、とても参考になりました。また、いろいろなヴァリエーションも どれも楽しく、早速グループレッスンで使ってみたいと思いました。また、私の教室のグループレッスンは、ピアノの個人レッスンのほかにやっているので、集中クラスの指導法が、とても参考になりました。まねっこから、聴き取り 書き取り そして、メロディで聴き取り 書き取り 作曲まで発展していく指導法に感銘を受け、私も この先 もっと勉強して、子供たちにより良い指導が出来るようになりたいと思いました。
また、研究発表では 工夫をこらした教材の作り方や、材料などを教えていただき とても参考になりました。岡山の幼稚園での音符ビッツの実践報告では、以前からとても興味があったので、写真を見せていただき、実際に指導していらっしゃる線瀬うの報告が聞けて、とても良かったです。また、岡山や京都、大阪などの熱心な先生方にお会いでき、パワーをいただきました。

今、私の教室では小学生までの多くの生徒に音符ビッツを 購入してもらっていますが、小学生になると なかなか家で毎日はやれないようです。そのため、ピアノのレッスンの前後に少し読むなどしています。そして、月に一回のグループレッスンをしています。皆、グループレッスンをとても楽しみにしています。 今、ベビーを初め 小さい生徒があまりいないので、今後は、他の先生たちと地元のワークショップの開催に向けて 話し合う場を持っていきたいと思います。ワークショップで、音符ビッツという素晴らしい教材があることを、まず広めていきたいです。 そして、少しでも小さいうちから音符ビッツに親しんでくれる親子を多くしていきたいと 思っています。

服部 由己

スズキ・メソードと共に

スズキ・メソードと共に(1991年)

ピアノ研究グループ・川崎クラス 篠原 緑

スズキ・メソードとの出会い

私の娘・歩がスズキ・メソードと出会ったのは、二歳をすぎたところです。それまでは、お恥ずかしいことに、あまり知りませんでした。私自身が子供の頃に使ったバイオリンとバイオリンの教則本が「鈴木」であったというぐらいです。

近所の人に「スズキ・メソード」の教室の話をすると、本も出版されている有名な指導法だと教えてくれました。私は学生時代、オーケストラのクラブに入っていましたので、我が子には是非ピアノを、そして一緒に合奏できたらと思っていました。そこで、すぐ近所の人と一緒に、大阪府富田林市にある川崎紫明先生の教室に通い始めました。

教育関係に携わっています私は、「どの子も育つ」という鈴木先生のお考えに同感でした。そして知れば知るほど、ひかれていきました。しかし仕事をもっている私が、ずっと続けてこられたのは、二女の誕生で休暇がとれて、このチャンスを生かせたこと。また、近所のお友達である越後さんが、ご自分のお子さんと一緒にうちの子もグループレッスンに連れていってくれたからです。

母と子の音楽サロン

一茶の俳句カルタを二、三歳の子どもが百句も暗唱するなんて、と驚きと感激でいっぱいでしたが、回を増すごとに着実に覚えていく長女を見て、子供のもつ可能性のすばらしさを改めて発見しました。でも少しでもやらないと忘れるのも早い、ということも分かりました。

音符をチューリップの形で貼ったり、リズム遊びをしたり、親子で楽しみながら、知らないうちに読譜でき、リズム感もつき、音程が正しくとれるようになっていくのは驚きでした。引きつづき音感クラスに進みましたが、和音をとるのも付き添いの母親以上です。私は子どもについていき、一緒に同じ音をきいて四年程たちますが、音を正確にとれません。子どもの方は、#でも♭でも何の苦もなく聴きとってしまうのです。「より早き時期に聞き続けさせる事の大切さ」「適切な指導を受ける事の重要さ」を実感しています。

ピアノのレッスン

長女が三歳の誕生月から、憧れていたピアノのレッスンを受けることになりました。私自身、時間にゆとりがあれば今からでもピアノのレッスンを受けたい…この気持ちを娘に託しているのです。

レッスンしている曲を繰り返し繰り返し聴き、練習しています。

年齢が低い時ほど、学校などで拘束される時間が少なく、レッスンに充分時間をあてることができ、吸い取り紙が水を吸収するように吸収してくれました。しかし、年齢が高くなるにしたがって、学校やその他のことで時間がとられ、なかなか思うようにレッスンに時間をかけられなくなってきています。その上「スランプ」があります。これは「子は親の鏡」という言葉どおり、私が仕事で忙しくなると必ずと言っていい程あるのです。私の方の気持ちにゆとりがなくなり、頭の中では「急がず、怒らず」とよく分かっているのですが、人間というのは弱いものです。

こんな時、夫がブラーキの役目をしてくれます。私のカリカリした気分を落ちつかせ、長女をなぐさめ、励ましてくれます。

よき指導者 川崎先生

「よき師」――本当にこのとおり、我が子をはじめとし、子どもの心と母親の心理まで見抜かれる川崎先生にご指導を受ける事ができ、心より感謝しております。一貫して「優しく」、頭ごなしに怒らず、子供の気持ちをくみとって、その思いを受け容れる寛さに、私が教育関係の仕事をしているうえにも学ぶことろが多いのです。ピアノのレッスンは、毎回真剣で一曲ごとにテクニックの基礎作りが厳しいですが、グループレッスンはとても楽しく、それぞれの出番をいい時に与えて下さり、個性が充分に生かされるご指導で、おっとりタイプの歩を生き生きとして授業を受けています。

川崎先生の温和なお人柄、周りの人々を包み込まれるような優しい話し方にふれるたびに、忙しすぎて心がすさむことのある私は、我が子に対する接し方で「これでは、この子のためによくないのでは…」と自分自身を考えさせられます。

幼児能力のコンサートに参加して

去る三月十日、松本市で開かれたコンサートに出場させていただき、モーツァルトのトルコ行進曲を演奏いたしました。実は、この時期、私が一年中で一番忙しく睡眠時間を減らして時間を生み出している大変な頃でした。それに全国から集まる演奏会ということで、歩の能力で大じょうぶかしらとの母親の心配をよそに、歩が「ぜひ出たい」、夫も「代わりに松本まで連れていってもいい」ということで出場させいただく決心をしました。こんなに責任の重いコンサートに出るからには、普段のような練習でいいわけはありません。ただ弾けるだけではだめということで、普段は学童保育へ行っているのですが、学校が終わるとすぐに家に帰り、私が帰宅するまでひとりで練習しテープにふきこみ、私が帰宅後、そのテープを聴いて、なおし、また練習する日が続きました。川崎先生にも何回も見ていただきました。六歳の子が一オクターブとどかない小さな手で必死で音を間違えず弾いている姿には、母親の私でも感動を覚えます。

コンサート当日の朝は早く家を出、電車を何回も乗りつぎ、とても疲れたと思います。本番前の娘の不安げな顔を見ると、とても心配でした。でも弾き始めると、だんだん落ち着いた様子で、弾き終えた後は何ともいえない美しい顔をしていました。本当に満足げで充実感を味わっているようでした。

こんな娘をみて、「ああ、音楽の世界って何とすばらしいのだろう」と感激で胸がが一杯でした。本番前に鈴木先生が娘と握手して下さったのですが、その感激とぬくもりが今でも心に残っております。

ピアノ科に引きつづいてヴァイオリンの生徒さんの独奏・斉泰を聴かせていただきましたが、本当にすばらしいものでした。幼児に可能性があれ程まで引き出され、能力が育つものであるという事を知り、深く感銘を受けて松本を後に帰路につきました。

どの子も育つことを信じて

この言葉は、我々母親に勇気を与えてくれます。そして私がこの言葉を信じ、これからも、その子に合ったスピードで毎日こつこつと積み重ねていこうと思っています。

ピアノを通じて、多くの貴重な体験をする場が与えられ、また私たちの家庭に幸と生きる喜びをもたらして下さっている事を思い、鈴木先生、川崎先生に心より感謝いたします。

スズキメソード ~才能教育季刊誌より~

タグ:

ピアノ  教室  音符  音楽  レッスン  幼児  子供  クラス  先生  リズム  生徒  演奏  大切  参加  川崎  体験  時間  指導  電車  和音  コンサート  メソード  川崎紫明  教育  スズキ  母親  オーケストラ  指導者  能力  世界  大阪  指導法  言葉  読譜  親子  可能  ヴァイオリン  年齢  基礎  一緒  バイオリン  研究  アノ  音感  鈴木先生  可能性  自分  時期  川崎先生  出会  本当  グループレッスン  鈴木  人間  家庭  グループ  毎日  友達  練習  サロン  モーツァルト  紫明先生  様子  感動  独奏  テクニック  松本  紫明  個性  演奏会  授業  重要  三歳  富田林  仕事  松本市  合奏  気持  貴重  以上  川崎紫明先生  全国  実感  テープ  学校  有名  時代  感謝  正確  私自身  富田林市  大変  感激  感銘  不安  スピード  学生  何回  自身  二女  長女  普段  発見  クラブ  吸収  真剣  近所  ストラ  タイプ  チャンス  握手  一杯  心配  オーケ  間違  誕生  役目  二歳  当日  是非  レッ  プレ  音程  適切  スランプ  教則本  教育関係  満足  決心  カルタ  本番前  関係  出場  六歳  俳句  充分  大阪府富田林市  基礎作  誕生月  責任 

1 - 6 / 12 次へ >
サブメニュー

無料体験・お問合わせなどはこちらから…

電話番号045-593-5659
(10:00~19:00 / 日祝休み)

無料体験お申込み

お問合わせ

  • 紫明のひとりごと
  • 無料体験
  • お問い合わせ
  • 音符ビッツとは
  • 指導者養成講座
rss