1. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
  2. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院
  3. 都筑区のピアノ教室 | アサフ音楽院

記憶

無料体験・お問合わせなどはこちらから…

電話番号045-593-5659
(10:00~19:00 / 日祝休み)

無料体験お申込み

お問合わせ

1 - 6 / 15 次へ >

音符ビッツ リトミック教室

音楽で楽しく育脳

音符ビッツ教室

アサフ音楽院のオリジナル教材「音符ビッツ」は、脳科学プログラムに沿って作られた、音から脳を育てる「ストレスフリー」な新感覚育脳メソードです。

リトミックと併せて、楽しく遊びながら知性を育みます。

なぜ0歳から音符をみせるの?

脳の発達は環境が大きな役割を果たします。脳の機能によっては臨界期があります。臨界期というのは発達の過程で、その時期を過ぎると進まなくなる時期のことで、特に視覚中枢の臨界期は、3、4歳までとされています。その脳科学理論に基づいて、赤ちゃんに適した大きな図柄の音符を見せて、視覚の回路を開きます。

ドレミも母語のように

ドレミも母語のように

大きな図柄の音符ビッツは、読譜の習得をスムーズに進める基礎となります。基礎がしっかりしていると、あとの発達がスムースになり、文章が読めるのと同じように楽譜もすらすらと読めるようになります。

 

音符ビッツの特色は

  1. シンプルであること
  2. 楽しく遊びをともなった教材であること
  3. リズミカルであること

音符ビッツの目的

音符ビッツの目的

  1. 読譜と絶対音感の習得
  2. 集中力と記憶力
  3. 知性と感性を磨く
  4. 楽しく・創造力を開花させる
  5. 音楽による脳開発

音符ビッツ学習法とは

毎日速読トレーニングをくり返すことによって、驚くほど集中力がつき、音符もすらすらと読める様になります。

ビッツカードを手でめくりながら、目で見る、耳で聴く、口で読む、指でなぞりながら歌う、それらをリズムに乗って繰り返す・・・この五感を使っての「音符速読法」は脳の諸野を総動員させ、あらゆる機能を高めます。

又、リトミックやさまざまな遊びをともなった学習が出来、アイデアが湧き出て、楽しい!と実感します。

そして読譜だけでなく、相乗効果を生みあらゆる教科の学習の上にもすばらしい能力が発揮できるようになります。 勿論ピアノやヴァイオリン、又管楽器、ブラスバンドのアンサンブルなどの上達、演奏、技術の向上の大きな助けとなる事でしょう。

 

豊かな心と脳を育む音符ビッツリトミック

アサフ音楽院院長 川崎紫明

    ♪川崎紫明先生にお話を聞きました♪

音楽は大好きなのに、「楽譜を読むのが苦手」という人が何と多い事でしょう。実は私もその一人でした。

「何とか楽しくすらすら楽譜が読めるようになる指導をしたい」との切なる思いで研究を重ね、多くの生徒さんの協力を得て生まれたのが「音符ビッツメソード」です。

みんな音楽が大好きになり、音感が付き、音符が読めるようになり、いつしか「音楽のディズニーさん」と呼んでいただく程になりました。

皆、初見の段階で時間がかかるのですが、音楽の三要素であるメロディ・リズム・ハーモニーの基礎が幼少時より楽しく学べる音符ビッツリトミックは、豊かな心と脳を育みます。

アサフ音楽院院長 川崎紫明

推薦のことば

東京藝術大学講師 高橋 千佳子

音符ビッツの素晴らしさは、脳の中の作業順序としてまず音符が読めていると、リズム、音の高さを探る作業にゆとりをもって没頭できる点にあります。

楽譜を絵の様に読む。私は音符ビッツをどの講演会にも持ち歩いて…詳しくはコチラ>>

音符ビッツで学習された方々

東京大学、東京芸大、東京音大、武蔵野音大、京都芸大、大阪音大、大阪芸大、大阪大学、京都大学、奈良医科大学、広島大学、関西大学etc...優秀な生徒が輩出され、社会に貢献しています。

音符ビッツの教室

タグ:

ピアノ  教室  リトミック  音符  ビッツ  音楽  アサフ  音楽院  講師  先生  リズム  楽譜  生徒  演奏  川崎  出来  時間  指導  東京  感性  メソード  脳科学  川崎紫明  カード  教材  能力  上達  大阪  絶対音感  視覚  asaph  発達  学習  読譜  集中力  onpubits  ヴァイオリン  基礎  研究  アノ  プログラム  音感  関西  速読  ビッツリトミック  時期  素晴  オリジナル  学習法  集中  臨界期  講演  機能  創造力  五感  開花  毎日  効果  目的  記憶力  楽器  大好  ビッツカード  紫明先生  脳開発  開発  プロ  トレーニング  環境  回路  習得  紫明  優秀  ドレミ  アンサンブル  京都  広島  推薦  脳科学理論  貢献  川崎紫明先生  役割  実感  社会  音大  段階  大学  発揮  スムーズ  トレ  etc  講演会  感覚  過程  向上  コチラ  育脳  知性  ビッツメソード  協力  要素  図柄  ブラスバンド  輩出  技術  諸野  院長  視覚中枢  アイデア  芸大  music  総動員  苦手  理論  作業  初見  勿論  ストレス  シンプル  メロディ  ストレスフリー  ディズニー  音楽院院長  教科  バンド  ハーモニー  www  没頭  特色  onpu  東京藝術大学講師  作業順序  千佳子  高橋  bits  三要素  記憶  科学  母語 

音符ビッツ リトミック 幼児クラス(3〜6才)

音楽教育を通して人格形成を

音符ビッツ リトミック(3〜5才)

「知性、感性とともに優しい心を養い、あらゆる分野で社会に貢献できる人材に育ってほしい」という願いのもと、 教室では手遊びやオリジナルのわらべうた、イメージランド、リトミックなどの多彩なメニューを発達段階に合わせてプログラムし、音楽の楽しさを伝えています。

豊かな感受性と才能を開花

音楽の基礎は3、4才頃までが最も大切。

音符ビッツ学習法によるきちんと下地の作られた脳からは、成長とともに音楽があふれだし、苦もなく音感や高度な読譜能力や正確なリズム感が身につき、情緒豊かに才能が大きく開花します。

豊かな感受性と才能を開花豊かな感受性と才能を開花2

脳科学分野で注目の「音符ビッツ」

脳科学分野で注目の「音符ビッツ」

「音符ビッツシリーズ」は、音楽の三要素であるメロディー、リズム、ハーモニーで構成されていて、絶対音感や譜読みだけでなく、記憶力、創造力、集中力など、「あらゆる教科の基礎が培われる」と、脳科学の分野で注目されています。

レッスン内容

  • 講師2名による50分(あるいは30分)のグループレッスン
  • グランドピアノの生演奏もたっぷり聴ける
  • 譜読み力、聴き取る力をしっかりつける

内容(幼児クラス50分)

  • グロッケンでお歌
  • ごあいさつ
  • グロッケン演奏
  • 子供のうた/リズム打ち
  • 音符ビッツ コーナー
    • メロディービッツ、和音ビッツ、
    • リズムビッツ、音符ビッツ応用ゲーム、etc. 
    • シールワーク/けんばんワーク/おけいこノート
  • ごあいさつ

※集中クラス(30分)は音符ビッツコーナーのみのクラスです

レッスン詳細

集中クラス 幼児クラス
クラス名 音符ビッツ リトミック 幼児クラス(3〜6才)
月謝 5,500円 7,700円
レッスン時間 1レッスン 30分 1レッスン 50分
レッスン回数 月 3回
レッスン日時 水曜日 14:50~15:30 (3~4歳児)
水曜日 15:40~16:10 (5~6歳児)

土曜日 13:00~13:50 (3~4歳児)
土曜日 15:00~15:50 (4~5歳児)
土曜日 16:00~16:50 (5~6歳児)
土曜日 16:50~17:40 (3~5歳児)

※ご希望に応じて、音符ビッツ個人レッスンもピアノレッスンの前後に組み合わせて行っています。詳しくはお問い合わせください。

音符ビッツの教室

音符ビッツ 小学生クラス

小学生 音楽のよみ・かき・うたう

小学生 音楽のよみ・かき・うたう

音符ビッツカードは、単純明瞭な点、子供たちの心に入りやすく、その場に応じてやめたり、続けたり、遊びながら自由自在に使うことができるのが、とても楽しい所以です。

脳を鍛える

音符ビッツ ソルフェージュ 小学生クラス

音符ビッツシリーズには、メロディビッツ、和音ビッツ、リズムビッツがあります。

それぞれかなりの量ですが、人間の脳は一度容積の大きい記憶回路ができてしまうと次から次へと情報を注入することができるようになるので、多くの量をこなすことが大切なのです。

また、書くことは記憶力を高めますので、音符ビッツをまねっこしたり、CDを聴きながら書き取りをします。

楽しく学習できることが前頭葉を発達させるのです。

コミュニケーション能力

頭脳を新鮮に保つには、変化と柔軟性に富む学習が大切ですから、型にはまった指導でなく、子供自らいろいろなヴァリエーションで先生やお友達と遊びを通してコミュニケーション能力をつちかいます。

ふっと浮かんでくるイマジネーションを生かせる遊びが、才能を生み出します。

音符ビッツ教室には子ども達が”ひらめき”の中で楽しめる遊びが満載です。

レッスン詳細

集中クラス 小学生クラス
クラス名 音符ビッツ 小学生クラス
月謝 5,500円 7,700円
レッスン時間 1レッスン 30分 1レッスン 50分
レッスン回数 月 3回
レッスン日時 水曜日 16:30~17:00 土曜日 14:00~14:50

※ご希望に応じて、音符ビッツ個人レッスンもピアノレッスンの前後に組み合わせて行っています。詳しくはお問い合わせください。

音符ビッツの教室

家庭学習の動機付けにもとてもよい

D.J様

音符ビッツを使ってみて、ただ単に読譜ができたり、和音やリズムが分かるということだけでなく、毎日の繰り返しで視覚と聴覚の統合によって脳の発達を促し、記憶力や思考力が育っていくのだということを実感しています。

家庭学習の動機付けにもとてもよい教材だと思っています。

音符ビッツとは?

「川崎紫明(かわさきしめい)音符ビッツ」は、スズキ・メソードで世界的に有名な鈴木鎮一先生とグレン・ドーマン博士のすばらしい理念と教育法に学び、また大脳生理学へのたゆまぬ研究努力と、脳科学の確固たる裏付けに基づいて考案され、画期的なソルフェージュ・メソッドとして、1996年大阪の地に産声をあげました。以来16年にわたり、多くの指導者の皆様方やご家庭においてご愛用いただいております。

くり返し音楽を聴くことによって、驚くべき感性が培われるのと同じく、くり返し視ることによっても、視覚からの感性が培われるならば、誰でもすらすらと楽譜が読めるようになれるのではないか、という着眼点のもと、制作されたのが音符ビッツです。

音符ビッツ 鈴木鎮一先生とともに音符ビッツ グレン・ドーマン博士とともに

全脳を鍛える『音符ビッツ』

目で視る、耳で聴く、口で読む、または歌う、指でなぞる。それらをリズムに乗ってくり返す。『音符ビッツ』の学習法は、脳の諸野を総動員して、あやゆる機能を高めます。

ユダヤ人はとても優秀な民族ですが、彼らもこの五感を使った全身学習法で勉強します。目・口・耳の三器官を同時に使うことは、目だけ、耳だけよりも、6倍の効果を生み出すと言われています。『音符ビッツ』は、ト音記号114枚の他に、ヘ音、和音、リズムなどかなりの量がありますが、くり返し復習することにより、脳に大きな記憶回路を作ります。一度容量の大きい記憶回路ができてしまうと、人間の脳は、次から次へといろんな情報をキャッチする能力ができてしまうのです。

無限の創造力を開花

0才~3,4才位までは、神経回路が最も複雑に絡み合って発達する時期で、3才で60%、6才で80%完成すると言われています。その頃までに音楽を聴くことはもちろんのこと、右脳のパターン認識力の基本である”視覚回路”を開くことも大切です。

この幼少期は、音符や文字の大きさが小さいと読むことができないのですが、大きいものは読むことができる。ということから、大きな玉の『音符ビッツ』は”視覚回路”を開くのにとても適しています。

『音符ビッツ』は、赤ちゃんから大人まで、色々なバリエーションで楽しく遊びながら、読譜の世界へ導きます。母国語の”アイウエオ…”と同じ様に、『音符ビッツ』によりどの子も'ドレミ'を読んだり、歌ったり、創ったりできる様になります。

考案した脳開発教材(音符ビッツ)で生徒の心を育てたい

今の乱れた社会の中で、人々は不安でいっぱいだと思います。こんな時代にこそ、音楽教育は欠かすことができません。豊かな心を持って、愛情にあふれて、子ども達に接してゆきたいと願います。

鈴木鎮一先生、グレン・ドーマン博士の他、多くの方々に心よりの感謝の気持ちをこめて。
子ども達の幸せを祈りつつ。

川崎紫明

ここで『音符ビッツ』ができるまでの道のりを述べたいみたいと思います。

音符ビッツができるまで

ベルリンでの音楽への開眼

私は大阪音楽大学、ピアノ科を卒業後、大阪フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督だった朝比奈隆先生ご夫妻のご媒酌により、同楽団のクラリネット奏者であった川崎良一と結婚。9年後、主人はイスラエルへ留学、その後引き続いてドイツへ。私も娘香子を連れて、共にベルリンに留学することとなりました。

初めてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートに行った時の情景を今も忘れることができません。オーケストラのすばらしい演奏もさることながら、一曲毎に聴衆からの拍手が鳴り止まないのです。それは、まるで別世界にいるようでした。

「演奏家と聴衆が溶け合ってる!!」私の目からは、涙がとめどなくあふれました。音楽の歴史の重みをひしひしと感じました。

主人はベルリン国立芸術大学へ、私は当時のコンセルバトワール(現:ベルリン国立芸術大学)に入学しました。

最初のレッスンは、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第一番でした。

「私の全てをあなたに注ぎましょう」とおっしゃって、オーケストラ・パートを弾いて下さるクラウゼ先生のピアノを通して、ベートーヴェンの魂が伝わってくるかの様な感動を、私は覚えました。日本でのテクニック中心の厳しい授業とは違って、毎回生命のよろこびを一杯に受けて、レッスン室を出たことを思い出します。

私達家族にとって、ベルリンでの留学生活は、音楽への開眼でした。

「こんなに素晴らしい精神的な高さと、愛に満ちた音楽の世界を日本でも実現したい…」という夢と希望を胸に帰国、小さいながら”アサフ音楽院”を設立しました。

『スズキ・メソード』を求めて

理想を求めて日々模索していたある夏の日、家族4人で旅行をかねて信州の松本へ、鈴木鎮一先生をお訪ねしました。かねてから聞いていた『スズキ・メソード』を知りたかったからです。二女かぐやが2才10ケ月のことでした。鈴木先生は私達を温かく迎えて下さり、

「かぐやちゃん、いくつになったの?」
「もうすぐ3才です」
「年をとりましたねぇー」
「??」

このお言葉にびっくり仰天、まだ2才なのに…

早期教育を提唱されていた鈴木理念に触れ、私の研究もかねて、大阪から松本までかぐやのピアノのレッスンに通うこととなりました。(当時、関西には、スズキ・メソードピアノ科はなく、私は、ピアノ科研究グループ第一号とはなりません。)

鈴木先生は、私達をみつけては先生のお部屋に呼んでくださり、

「僕は、こうしてクライスラー先生から学びました」

とおっしゃって、レコードをかけながらヴァイオリンの弓を上げたり下げたりしながらの研究方法を教えて下さいました。

『スズキ・メソード』は”耳からの母語教育法”ということで、クラシックの名曲や教本の付いているテープを、一日何時間も聴かせるとこを試みました。テープ・レコーダーを砂場・お風呂場…と、子どもの居場所に引っぱって行っては盛んに聴かせました。

わが子を育てながら、耳から聴くことを通して育つ能力には、驚かされるばかりでした。

聴いた曲はすぐにピアノで弾けてしまうのです。

かぐやがバッハのパルティータを弾いた頃でしょうか、鈴木先生に読譜についてもお尋ねしたことがあります。

「かぐやは指がひとりでに動いて、気が付いたら曲を弾き終わってしまっている時があるのです。楽譜を見ながら弾いていないのです。」
「耳が育ち過ぎましたねぇ」
「先生は、読譜についてどうお考えですか?」
「スズキ・メソードは、木に例えれば幹です。葉を茂らせるのは、先生方の役目です。――川崎先生、お願いしますよ。」

私は読譜の重要性を切実に感じていましたので、鈴木先生のこのお言葉をきっかけに、それ以降、真剣に読譜の研究に取り組むこととなりました。

グレン・ドーマン博士との出会い

1992年、グレン・ドーマン博士の『赤ちゃんからの知能をどう倍増させるかコース』というレクチャーが神戸で開催されました。以前、ドーマン博士が初来日された折、講演を聴きに行ったことがあり、また著書『子どもの知能は限りなく』で感銘を受けていた私は、すぐに申し込み、参加しました。受講料は高額でしたが、1日8時間×5日間、定員100名の集中講座は、とても有意義でした。

  • 脳の成長の必要条件=大きく、楽しく、くり返し
  • 脳に向かう回路=五感(見る・聴く・匂いを嗅ぐ・味わう・触れる)でそれぞれ別の回路がある。

見る(視覚)と聴く(聴覚)が別の回路であるといことは、当たり前のことなのですが、その時の私には、強烈なインスピレーションとして心に響きました。

耳からくり返し聞くことを通じて、あれ程の感性が育つのであれば、同じ様にくり返し視ることを通して、視覚による感性も育つのではないだろうか?幾日も私の頭の中は、そのことでいっぱいでした。

『音符ビッツ』の実験

数ヶ月後、大きな五線紙に、3つの玉を描いた音符カード(ビッツ)を114枚作り、ピアノの生徒に実験してみました。積み重ねたビッツをめくりながら、1枚のビッツに描かれている3つの音符を、1つの単語として一気に速読させてみました。

  • 音符を1つずつこれは”ド”、これは”レ”と教えるのではなく、3つの違う音(’ドレミ’など)をパターンとして、右脳にイメージすることから入ります。
  • フラッシュして見せたり、めくり方練習を丁寧に教えてから、速読させるようにします。
  • 2人並んで速読させると、やる毎にスピード感が増してゆく楽しさ…1分間にめくる枚数が、40枚、50枚、60枚と増えてゆき、子ども達は一層熱中します。

「これはすごい!」と実感した私は、研究・実践を重ねました。その結果、音符ビッツをやった生徒と、それ以外の生徒とでは、集中力において大きな違いがあることを発見しました。前者は、楽譜を見る事への興味が湧いて、とても意欲的にピアノに向かう様になったのです。

また、レッスンに付いて来る下の子ども達にも同じ様にやらせてみました。そうして、ピアノを始める以前の子ども対象のグループが、次々とできていったのです。もう一度、子育てを一からやってみたいと願われるお母様が次々と現れて、ベビーブームになりました。

スズキ・メソードでピアノをやりながら、「音符ビッツ」を併用した子ども達の中から、音楽大学の他、一流大学の工学部・法学部・医学部などへ進学する生徒が次々と育ってゆきました。

タグ:

ピアノ  音符  ビッツ  音楽  レッスン  アサフ  音楽院  先生  リズム  中心  大人  楽譜  生徒  演奏  大切  参加  川崎  時間  指導  和音  イスラエル  コンサート  感性  メソード  脳科学  川崎紫明  奏者  教育  クラリネット  カード  スズキ  コース  希望  オーケストラ  教材  ソルフェージュ  指導者  開催  能力  世界  大阪  視覚  フィル  言葉  成長  asaph  発達  学習  読譜  集中力  一流  onpubits  ヴァイオリン  研究  アノ  日本  鈴木先生  関西  ベビー  速読  音楽教育  時期  ドーマン  素晴  川崎先生  出会  実践  学習法  ベルリン  演奏家  集中  講座  鈴木  講演  機能  創造力  人間  五感  家庭  フラッシュ  グループ  開花  バッハ  聴覚  方法  博士  丁寧  右脳  フィルハーモニー  メソッド  効果  受講  子育  練習  留学  音記号  クラシック  感動  全身  考案  家族  脳開発  開発  神戸  イメージ  皆様  テクニック  協奏曲  熱中  生活  松本  大脳生理学  回路  グレン  結果  紫明  制作  優秀  勉強  ドレミ  情報  授業  私達  同時  重要  香子  拍手  必要  ドイツ  視覚回路  母様  場所  記憶回路  鈴木鎮一先生  気持  分間  興味  聴衆  管弦楽団  バリエーション  当時  実感  受講料  テープ  主人  一気  有名  社会  知能  パート  時代  無限  最初  努力  感謝  一度  大学  歴史  音楽大学  以前  パターン  生命  先生方  早期教育  感銘  教本  不安  愛情  スピード  川崎良一  学生  国立  開眼  重要性  文字  部屋  レクチャー  入学  倍増  二女  画期的  理想  ベートーヴェン  発見  認識力  大阪音楽大学  国立芸術大学  基本  協奏曲第一番  医学部  真剣  神経回路  コンセルバトワール  ストラ  諸野  来日  母語教育法  名曲  脳開発教材  以外  実験  幼少期  定員  全脳  芸術  意欲  一杯  music  レコード  オーケ  総動員  復習  科研究  複雑  設立  理念  砂場  精神的  確固  方練習  帰国  役目  対象  別世界  実現  クラウゼ  クライスラー  キャッチ  母国語  レッ  ユダヤ  教育法  風呂場  鈴木鎮一  進学  音楽監督  旅行  日間  朝比奈隆先生  有意義  パルティータ  留学生活  提唱  ハーモニー  楽団  模索  アイウエオ  民族  毎回生命  法学部  www  集中講座  インスピレーション  枚作  枚数  onpu  全身学習法  容量  前者  完成  切実  初来日  併用  工学部  何時間  年大阪  信州  居場所  同楽団  卒業後  卒業  単語  夫妻  娘香子  媒酌  年後  才位  高額  意欲的  一層熱中  レコーダー  ベビーブーム  bits  メソードピアノ  一度容量  一日  強烈  後引  五線紙  仰天  以降  幾日  人並  一曲毎  情景  一日何時間  一流大学  必要条件  三器官  著書  結婚  第一号  記憶  研究方法  私達家族  鈴木理念  認識  科学  母語 

基礎講座を受講して

マンネリ化した教室に光が

私は、この川崎紫明先生音符ビッツとの出会いより、まず導入期がいかに大切かということを学びました。

これまで、導入期などというものは、遠回りのような気がしていて、とにかく、ド・レ・ミと覚えさせればいいものだとしか考えていませんでした。

よって、指導者である私も生徒も、レッスン時間が長く苦痛に感じられるマンネリ化した教室でした。

それが、このセミナーを受講するようになり、光が差し込んできました。レッスン中に、私も生徒も笑顔が増えました。

子ども達の生き生きとした目を見られるようになりました。

子ども達の集中力を大切にしたこのレッスンは、集中力が途切れる間もなく、音符ビッツ・和音ビッツ・リズムビッツと次々に一緒に遊びます。このために、指導者として、前準備の大切さを学びました。

今までのレッスンのように、もたもたしていられない。

1時間ほどのレッスンの内容を半分にすることができました。しかも密で濃いものに。

指導者も生徒も満足感と達成感で気持ちよくレッスンを終えられます。

音符やリズムを、ゲーム感覚で自然に覚えられるというのは、目からウロコでした。

中でも、リズムビッツは、可愛い動物の絵と鳴き声で学ぶ方法は、大人でさえもとりこになります。

まだ、言葉もままならない2、3才の幼児は、とても教えられないと思っていましたが、このセミナー受講によって自信がわいてきました。

最近、2才の生徒が通ってくれるようになりましたが、レッスンの吸収力、記憶力には、目を見張るものがあり、驚きと感動です。

また、同じ小学一年生の生徒二人に、一人は、プレ音符ビッツのみから、もう一人はCDのみからのレッスン開始を試みてみました。すると、CDから入った生徒は、ド・レ・ミは言えませんが、CDに合わせて口ずさむことが出来ました。

五感の回路は別々なので、それぞれの働きをしており、ある時は聴覚が優先し、ある時は視覚が優先してお互いに優先しあって能力を生み出すという意味がわかった気がします。

脳科学者の茂木健一郎先生は、

「人間の中で一番大切な臓器が脳である。」

「脳は、感性を生み出す臓器である。」

とおっしゃっている。

最近、脳トレ・脳活・右脳・左脳とよく耳にします。

この音符ビッツは、脳の発達に伴いながら、無理なく自然に身につけられることが嬉しいです。

「楽しく・大きく・くり返し」なのです。

また、母子関係にも深い役割を果たしています。

わが子を抱っこしたり、膝の上に乗せたりのスキンシップを測りながら、親子で学ぶ姿勢が素晴らしいです。

茂木先生は、「子どもは、母親との関係性の中で、自我を確立していく」ともおっしゃっています。

愛情豊かな音符ビッツ教育こそが、今、ゲーム世界に埋もれている現代の子どもたちに大切な教育ではないだろうか。

後藤彰子

1 - 6 / 15 次へ >
サブメニュー

無料体験・お問合わせなどはこちらから…

電話番号045-593-5659
(10:00~19:00 / 日祝休み)

無料体験お申込み

お問合わせ

  • 紫明のひとりごと
  • 無料体験
  • お問い合わせ
  • 音符ビッツとは
  • 指導者養成講座
rss